FC2ブログ

7月の曲 特集

すみません暇ネタです
 
 今日からはネタ毎の曲紹介は1曲にして、まとめての曲紹介は、別枠で紹介して行こうと思います。
早速ですが今は七月ですが、七月の曲はなく 7月が3曲ありました。
あと旧名ですが 文月 でも1曲見つけました。
これらの曲は聴いたことがありますか?

7月7日 米村裕美
7月22日 渡辺典子
7月の雨なら 西脇唯
文月ついたち 高木麻早

以上です。七月は意外に少ないですね。頑張れ七月!

アシモフ(アイザック)

偉大な作家です、そして科学者です
アジモフ博士の3冊

 今は昔になってしまったのですが、1940年代から、80年代にかけて活躍した科学者であり、SF作家です。
有名な作品としては「ロボット・シリーズ」(ロボット三原則をたたき台にいろいろな作品を書いてます)、
「ファウンデーション・シリーズ」(前半3部作、後半4部作追加)、他多数、ミステリなどもあります。
未だに彼の短編「夜来たる」は読者投票すると上位に入ってきます。未読の方は是非お読み下さい。
決して後悔はしません。

 私はどれも読みますが、特に好きなのは「科学エッセイ・シリーズ」と言われるものです。
あらゆる分野の科学、場合によっては神話まで、彼独特のユーモアと、科学に対する深い洞察が見られます。
特に科学の歴史というか発見史といったようなものが独特で、わくわくしながら読めます。
素人に対してハイレベルな専門分野を、かみ砕いて判ったような気にさせてくれる科学者はなかなかいません。

このシリーズは日本では主に早川書房から出版されていて、売れているのか現在も再版されています。
今回再読したこの本は社会思想社から出されたものです。今は再版されていないようです。
古本屋さんで見つけたら買ってみて下さい。図書館でも見つかるかもしれません。
ぜひ手に入った本を読んでみて下さい。たくさんの章に分かれています。面白そうなものからどうぞ。

科学は発見の歴史でもあり、古いが科学は腐った鯖のように食えないと思ったあなた、
獲れたてではなく、じっくりと醸し出すうまみが出るよう寝かせたマグロのように、
こんな面白い科学の読み物が、あるのだということを知るだけでも、人生豊かになりますよ。
 私のアシモフの在庫44冊のうち、科学エッセイものは24冊有りました。

さて、この本に合う曲は、科学はないので ちょっと外して
「私はロボット」 石丸奈津子 でどうでしょう。
榊原郁恵 の ロボット だと思いました?
Benri-Navi

benri-navi by myhurt

CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。