FC2ブログ

コウリンタンポポ

以前は限定された場所でしか咲いていなかったのですが
コウリンタンポポ
 今は全道どこでも普通に咲いています。花も派手で目立つのでつい写真に撮ってしまいます。
最近は群生しているところもあり、華やかに見えます。ヨーロッパ原産の花だそうです。
ブログ立ち上げ前には撮っているのですが、記事にするのを忘れていました。この写真は今日のものです。
この花とタンポポモドキの黄色い花で埋められている光景は、道北の丘陵地帯での一番の景色です。
(月寒川)

さてここでの1曲は、
紅い花 五木ひろし
この花のことではないと思いますが。

アシナガグモ

オニグモの巣に二匹いました
アシナガグモ1
アシナガグモ3
オニグモと比べると小さくて見過ごしてしまいそうです。大きなオニグモの造った巣にちゃっかり間借りしていました。
オニグモはどこに行ったのでしょう?これは居抜きと言うものでしょうか。クモも色々です。
(二枚とも8月31日、月寒川)
アシナガグモ
一度いなくなってまた今度は自前の巣を作ったようです。前回と同じ個体かはわかりません。それに一匹だけです。
(9月11日、月寒川)9月11日追加しました。

さてここでの1曲は、
足長おじさん 浅田美代子
この曲はだいぶ近いです。

枝豆

夏はビールにこれ
ダイズ
枝豆
 庭になっていました。夏は塩茹でした枝豆にビールが基本の基本です。暑い日の夕方の定番でしょう。
美味しい枝豆なら、ビールでなくとも発泡酒だろうが、第三のビールだろうがひと味違うってものでしょう。
まあ、枝豆もエダマメ専用の大豆があって、今まで食べた中ではだだちゃ豆がとても美味しいものでした。
産地が山形県鶴岡市周辺と言うことで若干手に入りづらいのが難点です。
(8月31日、本通北)8月31日新規作成しました。
エダマメ 限界
もうこのあたりが限界です。色が黄色く固くなり、大豆になってしまいます。
(9月18日、本通北)9月18日追加しました。

さてここでの1曲は、
伊豆の踊子 吉永小百合
地名だし、場所も違うし伊豆ならわさびでしょう。

月寒川散歩 8月31日

晴れ、気温も上がっています
月寒川堰堤1 月寒川堰堤1。水量はこんなものです。ここは涼しい感じです。(月寒川)
月寒川堰堤2 月寒川堰堤2。こちらも涼しげです。(月寒川)
アカミミガメのホーム アカミミガメの住まいのあたりに人が入っています。どうやら魚を捕っているようです。(月寒川)
DF200-60 DF200-60が入ってきました。貨車を引いています。(月寒川)
DD511150 DD511150は今日朝から作業をしています。鉄の人がたくさんいました。(月寒川)
 そういえば少し小さめのカモが5羽いました。以前に見た発育の遅れていたカモたちかと思います。
他のカモたちは見あたりません。大物オニグモたちは3匹とも、隠れているのか見つかりません。
前回見つけたナガコガネグモは、今日はバッタが餌として手に入ったようです。

さてここでの1曲は、
私が生まれて育ったところ 野路由紀子
生き物たちにとって良い環境であれば良いのですが。

ヤブラン

上品な紫の花です
ヤブラン
 原産地は東アジアとあります。サマームスカリの別名があるようです。最初見た印象もこれでした。
ムスカリはもう少し青が強いようですが、秋の紫を見つけました。

さてここでの1曲は、
雨は紫 大塚博堂
花の色が紫なのでこの曲にしました。

ヒメムカシヨモギ

見つけるのに意外に時間がかかりました
ヒメムカシヨモギ
 白花だろうと思って探しましたが、見つかりません。キク科の花で筒状花の内側が黄色に見えるので、
黄色い花で探してみてもだめ、結局ネットで探してこの花にたどり着きました。
改めて図鑑を見ると赤い花の分類になっていました。きっと理解できない深い理由があるのでしょうね。
この花も北アメリカ原産で、日本国内に入ってきたのは明治の頃だそうで、
荒れ地や乾燥に強くすぐに定着したため明治草、鉄道沿いに全国に広がったとして鉄道草の別名もあったそうです。

さてここでの1曲は、
ムカシ 都はるみ
ちょっと不思議な曲です。一度聞いてみてください。

今日の散歩 8月30日

今日も晴れ、微風、さわやか
厚別川堰堤1 厚別川堰堤1。本当はこの上流にまだあります。12号線より下流域では2つです。(厚別川)
733系3000番台 JR北海道733系3000番台です。(厚別川)
トガリフタモンアシナガバチ
 旧橋梁?の根本に蜂の巣を見てしまいました。普通のハチなら近づいて撮りますがどうも黄色が多く、
カチカチ言っているような気がしたので、撤退しました。半端な感じがしますが巣を造っている最中でしょうか、
 スズメバチの仲間なら、巣が出来てしまうと悩まされそうです。このあたりは少し前にオオスズメバチを見たあたりです。
この写真では図鑑には似たハチが見つかりません。どうせ散歩道コースなので次回ちゃんと写真に撮って確認します。
(厚別川)
北斗星 北斗星です。今日は数分ですが遅れていました。(北郷)
DE101718 DE101718です。今日はDE同士で作業をしていました。(JR貨物札幌ターミナル)
ヒョウモンチョウ ヒョウモンの誰かだろうと思います。跨線橋階段のガラス窓でじたばたしてました。
捕まえて外で放しました。この写真を撮るとすぐ飛んで行きました。羽がだいぶ痛んでますね。

さてここでの1曲は、
巣立つ日まで 西森順子
もうすでに巣立っています。

ナミギングチ

ハチ目ギングチバチ科の誰か
ナミギングチ
 よく判らない虫がいました。何となくハチかなと言う程度から探しました。
 ギングチバチ科の誰かと言うところまでいきました。図鑑やネットの写真で一番近そうなのがナミギングチです。
図鑑によるとよく似た種類がいるということなので、違っているかもしれません。
(月寒川)

さてここでの1曲は、
夢狩人 岩崎宏美
狩人蜂の仲間なのでこの曲にしました。

アカオニグモ ♀

何とか判りました
アカオニグモ1
 バッタが蜘蛛の巣に引っかかったとたんにクモが来ました。

アカオニグモ2
 この写真が決め手となりました。通常背中は赤いのでアカオニグモですが、これは緑色です。
そういう個体例を見つけたので安心です。

アカオニグモ3
 そんなこんなで、バッタはぐるぐる巻きになってしまいました。この間約1分くらいです。素早いです。

 今度は赤い背中の個体を撮ってみたいですね。ここのところ目立つのは蜻蛉とクモです。
てんとう虫は少なくなりました。キリギリスもあまり鳴かなくなりました。コオロギ・カンタンなどが良く鳴いています。

さてここでの1曲は、
まっ赤な女の子 小泉今日子
赤かったらこの曲なんですが。

今日の月寒川 8月29日

今日も晴れ、気温も少し上がりました
月寒川堰堤1 月寒川堰堤1です。しばらく雨が降っていないので通常状態です。(月寒川)
月寒川堰堤2 月寒川堰堤2です。流量は減っていますが水位が下がりません。(月寒川)
アカミミガメ
 アカミミガメです。以前使っていた ひなたぼっこ台は水没したままです。
このあたりの水位が深いままで安定したようです。この堰堤の下流は流れが遅くなっています。
多分もう少し下流に大雨で流れた上流の土が、堆積したものと思います。
(月寒川)

 気温は25度近くまで上がったと思います。湿度は70%位。
JR貨物は今日はDD511150とDEのペアで作業していました。

さてここでの1曲は、
赤い絆(レッド・センセーション) 山口百恵
アカミミガメからの単純な発想です。
Benri-Navi

benri-navi by myhurt

CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。