FC2ブログ

エンド・オブ・ホワイトハウス

ヒーローは強くて陰がある

3月に日テレ系で放送していた「エンド・オブ・ホワイトハウス」が面白かったので紹介します。
2013年のアメリカ映画です。

ストーリーは単純でホワイトハウスが北朝鮮のテロリストグループに占領され、
地下シェルター(バンカー)に大統領などが人質となります。これをどうやってって救出するかという映画です。

戦闘の流れでシークレットサービスの主人公がホワイトハウス内部に入っていたところから反撃が始まります。
主人公のバニング捜査官は、少し前まで大統領警護の任務に就いていましたが、
ある事故により大統領夫人を死なせる失態をしてしまいます。その反省と後悔から内勤に移っていました。

まあこのバニングさんが強いのなんの、アメリカのアクションヒーローはダイハードの例を見るとおり
圧倒的に強くないと一人でテロリストグループには対抗できません。
後はそれらしい設定とアクションのやりとりでしょう。

所々突っ込みどころ(私にとって)はあります。たとえば北朝鮮の乗っ取った飛行機(ガンシップと言うらしい)、
が戦闘機を打ち落とした後何で街中の一般市民(もちろん警官などもいますが)を機銃掃射するのか?
そんな時間があるならホワイトハウスをさっさと攻撃したらいいのにと思ったりしました。

まあ人的被害はともかくホワイトハウスは保険に入っているようなので安心ですが(いいのか)。
不自然なところも少し混じっていますが、一直線に脇目もふらずに話は進みます。潔い映画です。
きっとまた見る映画でしょう。
Benri-Navi

【月別アーカイブ】

 2015年04月 

benri-navi by myhurt

CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。