FC2ブログ

『蠅の帝国』『螢の航跡』箒木蓬生著

二冊の本を紹介します
『蠅の帝国』箒木蓬生著新潮社 文庫790円 『螢の航跡』箒木蓬生著 新潮社 ハードカバー2000円
あまり考えないで借りたら文庫とハードカバーでした。
どちらも同じく従軍医師(軍医)の手記という体裁に統一されたものです。

軍医は元開業医師や医学校・医学部・医専卒業あるいは早期卒業の医師など様々です。
一般兵隊より出世は早くおおむね下士官から将校と言った身分で従軍し、
各地で直接の戦闘はしないものの兵士の怪我の治療や、伝染病・飢餓との戦いが手記として淡々と綴られています。

その冷静な観察と当時の状況が胸に迫るものがあります。
従軍先もニューギニア、ビルマ(ミャンマー)、中国、満州、朝鮮、樺太、フィリピン、沖縄、本土などです。
太平洋戦争という名前が適切なのか日本という国が大きく太平洋、東アジアで戦争をしていたことが理解できます。

その内容は軍医である私の視点で克明に綴られています。
もちろん細かいところでの思い違いもあるでしょうが、軍医の見た戦争とは何かを伝えてあまりあるものがあります。

戦争と言えば最近の話題は従軍慰安婦問題あたりですが、この本でも出てきますが戦争はそれだけではない、
人が戦闘ではなく病気や栄養失調で死ぬ人の方が多いと言う事実が解ります。
多分戦争を始めた人たちは兵站という意味を理解していなかったのではないか、
インパール作戦やニューギニアの話は複数の軍医がそれぞれ記録していますが信じられない状況だったことが解ります。

そんな中でも全力を尽くし職務を全うした彼らを責めることは出来ないでしょう。
満州・樺太での一般人が巻き込まれて行く状況や、戦争が終わっても帰国がかなわず死んで行く人たち。
捕虜収容所で重労働をする毎日、帰国する日を夢見る日々。等々。

表題作の蠅の帝国の意味は広島の原爆病調査で語られますが、
東京大空襲(の話もあります)とは違った死体が蠅を増やしたと言う意味が分かって愕然としました。

小さい頃聞かされた、あるいは本や雑誌などで聞いたり読んだりした話が、今回改めて確認できたような気がしました。
皆うわさとして聞いたような話は、すべて有った事だったのだということが解りました。

最近はこのような情報が無くなってきている事から、また戦争に荷担して行くような方向性に進まなきゃいいのだがと思います。
この本を読めば関係ないと思っている人が、いともたやすく戦争に巻き込まれて行くのが解ります。
何とかそんな道に進まなければよいのですが。

室蘭の艦砲射撃のはなしと、樺太郵便局の交換手の話もありました。
もっとたくさんの人の手記を箒木蓬生さんの文章で読みたいと思いました。
纏まりのない紹介になりましたが戦争とは何かという疑問が涌いたらまた読みます。

螢の航跡にある作者あとがきから「戦争の実相とは、つまるところ、傷つきながら地を這う将兵と逃げ惑う住民、
そして累々と横たわる屍ではないのだろうか。軍医はその前で立ちすくみ、医療に死力をふりしぼりながら、
ついには将兵や住民と運命を共にしたのだ。」こんな事を何度も繰り返すのは愚か者です。
読み終わって2週間経ちようやく紹介を書いていますが、まだ平静ではいられません。

今日のJR

今日は風の運動会
DF200-61号機、鉄橋渡ればまもなく札幌ターミナルです。
DF200-61
カシオペアは今日も定時運行です。
カシオペア
今日の作業はHD300-503です。後一両は遠くに行っていて見あたりません。
HD300-503

今日の散歩

晴れたけど風と湿気が
ヒレハリソウがもう咲いています。コーンフリーの別名があり、飼料用として輸入されたようです。ヨーロッパ原産の花です。
ヒレハリソウ
これは多分ヒメスイバでしょう。イヌタデでもなくスイバ、エゾノギシギシでもないのでこれだと思います。
ヒメスイバ
小さいクワガタと小さい子供はこれでも喜びます。スジクワガタ♀だと思います。大きさは15mmくらいでした。
スジクワガタ ♀
トガリフタモンアシナガバチの巣に寄りました。女王蜂がいつも護っています。他の記事はこちらです。トガリフタモンアシナガバチ

今日の散歩

北郷緑道の残りを
ラベンダーがもうすぐ咲きそうです。(本通北)
ラベンダー 本通北
エゾノヨロイグサでしょう。エゾニュウもまもなくです。(月寒川)
エゾノヨロイグサ 月寒川
フジはほぼ満開です。(桂公園)
フジ 桂公園
アカミミガメは最初見た時は2匹並んでいたのですが、写真を撮ろうとしたらもういません。(月寒川)
アカミミガメ 月寒川
アオジがさえずっていました。優しいさえずりでヨシキリに負けています。(月寒川)
アオジ
北郷の大仏様です。北郷緑道はこの辺りを東に入ります。大仏様は大昌寺です。
北郷の大仏
北郷緑道の東部分はあまり人が来ないようです。これはレンゲツツジです。
レンゲツツジ
というのも西側は歩道にウッドチップを敷き詰めていましたが、こちらは獣道です。
しかも白石高校敷地に当たるため行き止まりです。何とか細い道でも川下公園に繋がるといいのですが。
北郷緑道 東部分

今日の散歩

天気がいいのでふらふらと
大谷地神社裏からサイクリングロードへ
大谷地神社
厚別区は陽だまりロードです。光あふれる5月とはよく言ったものです。
陽だまりロード
芋虫が路上で寝ていました。昨夜は大酒を飲んだに違いありません。この後草原に返しました。元気です。
芋虫
厚別南緑地は小規模ですが湿地と樹林が広がります。
厚別南緑地
クルマバソウが最盛期です。写真失敗ですがマイヅルソウも満開でした。(マイヅルソウの写真はこちら。)
クルマバソウ
数本だけですがユキザサが咲いていました。
ユキザサ
多分クロホシカメムシだと思います。またまた足の付け根の確認を忘れました。フタモンホシカメムシではありませんように。
クロホシカメムシ ?
上野幌駅からB-115編成に乗って帰りました。
B-115編成

今日の散歩

北郷の大仏が見たい
アカミミガメです。もう一匹は臆病なようですぐ川に飛び込みました。
アカミミガメ
月寒川右岸の北郷橋と川北橋の間です。川はこのまま豊平川合流までまっすぐ流れています。行儀いいなあ。
遠くに川下橋
この辺りで大仏を見ました。別記事を参照下さい。大昌寺
フジも大きくなると藤棚にするのが多いのですが、この形もいいと思います。。
フジ
北郷緑道といいます。札幌新道から川下公園近くまで作られています。気持ちのいい道です。ツリバナが多くありました。
北郷緑道
キングサリです。フジと同じ頃に咲きます。昨年2本見つけたのですが今年はなくなっていました。ここで見られて嬉しい。
キングサリキングサリ B
鯉の集会。大型の鯉が10匹以上集まってバチャバチャやっていました。喧嘩でもないと思いますが。何してるの?
鯉の集会
いつもの辺りにはいないのですが下流域にアオサギ、ダイサギ、チュウサギ?等がいます。
アオサギ
オオヨシキリでしょう。彼らは全力でさえずっています。小さいけど体力があります。
月寒川下流域ではさえずりが途切れることはありません。
オオヨシキリ
ベニシジミの春型です。みんな忙しそうでしたがこの蝶だけのんびり花に止まってくれました。
ベニシジミ 春型
ちょっと長くなりましたが今日の取材は盛りだくさんとなりました。

オニグルミ

気がつくとあちこちに

オニグルミの雌花です。一度気づくと目に入ってきます。
オニグルミ 雌花Aオニグルミ 雌花B
雄花は垂れ下がります。
オニグルミ 雄花
一本の木に雄花・雌花が付きます。
オニグルミ 雌花Cオニグルミ 雌花D
実が付いたら上げてみます。下の写真は昨年夏に撮ったものです。
クルミ

北郷の大仏(大昌寺)

北郷大仏を見に散歩
金箔は付けていません。鎌倉の長谷の大仏より大分小柄です。あちらは阿弥陀如来ですが、こちらは薬師如来です。
薬壺を左手に持っています。本格的な青銅製だそうです。
大昌寺 薬師如来大仏A
お寺の名前は大昌寺です。たぶん だいしょうじ だと思いますが、だいまさしてら としてある紹介がありました。
大昌寺 本堂
こちらは鐘楼です。相当立派なお寺です。宗派は禅宗の一派で曹洞宗です。本山は永平寺・総持寺ですね。
大昌寺 鐘楼
改めて大仏を正面から撮ってみました。合掌。
大昌寺 薬師如来大仏B
光の加減は午後からがよいようです。

斜め後ろから撮りました。(6月18日)
北郷の大仏 A斜め後ろ
こちらは真後ろからです。背中にも風格があります。(6月18日)
北郷の大仏 背中

今日のJR

あちこちで機関車・列車を

785系特急列車です。ここを走っているのは(千歳線下り)すずらんかエアポートです。
785系
DF200-2もうすぐ札幌貨物ターミナルに入ります。
DF200-2
臨時北斗星は定時通過です。機関車の色と合うのはやはり北斗星です。
臨時北斗星
HD300-501を見つけました。他は出てこなかったので不明です。最近貨物量が減っているのが気になります。
HD300-501

今日の散歩

晴れているのかいないのか

厚別川左岸の風景、すっかり緑がいっぱいです。
厚別川左岸
調べてみたのですがよく判りません。ドロバチモドキ科辺りかなあ?ハチの仲間はちょっと難しいです。(厚別川)
アナバチ科?
今日は留守をいいことに現在の巣のサイズを測ってみました。(トガリフタモンアシナガバチ、厚別川)
トガリフタモンアシナガバチ ノギス
最後のトガリフタモンアシナガバチは別記事で少し詳しく書いてあります。時間に余裕のある方はどうぞ。
Benri-Navi

benri-navi by myhurt

CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。