FC2ブログ

北白石川の橋

近いのですが謎の川です
水源はJR貨物札幌ターミナル内厚別川寄り辺りではないかと思われます。
構内から流れ出した川は川下1条と北郷1条の間にある斜めの道をたどり川北と川下の間を北上し、
北都幼稚園辺りで暗渠から出てきているのではないかと思います。JR貨物側は後で調査します。

11月3日、JR貨物側を調査しました。とは言っても構内入場は出来ませんので、出口を探してみました。
暗渠2出口。これが北白石川の最初としておきます。
暗渠2 出口
この続きはこちら→

続きを読む

10月30日の散歩

今日は北白石川をたどって
出かけた時はいい天気だったのですが、途中から一転雲があっという間に広がり少し雨粒がポツポツと。
まあ土砂降りに当たらなかったので良しとしましょう。

平和通南の赤い実です。樹種は不明です。
赤い実
この続きはこちら→

続きを読む

10月29日の散歩

今日は用足し、雨の合間に
床屋さん、100円ショップ、本屋さんと回ってきました。
晴れたり曇ったり雨になったりと目まぐるしい天気でした。昼前から晴れの予報だったのですが。

写真はあまり撮ってません。これはなか卯さんですが「どこでも出来たて」の意味を考えてしまいました。
どこでもできたて
この続きはこちら→

続きを読む

10月28日の散歩

いつもの厚別川コースですが吉田川の
出口を調べてみようと出かけました。

ナナカマドが葉っぱも紅葉しています。(本通北)
ナナカマド
この続きはこちら→

続きを読む

今日のJR

今日の散歩が多くなりそうでJR分をわけました
というわけで別記事にした意味は特別有りません。

厚別川左岸から見た733系エアポート上りです。
エアポート733系 上り
この続きはこちら→

続きを読む

10月27日の散歩

出かける時は快晴だったのが
どんどん曇って風は強いしで体感温度は10度以下でしょう。

枯葉が風でまばらなところ、集まるところが出来てます。
枯葉
この続きはこちら→

続きを読む

吉田川の橋

羊ヶ丘が水源で豊平区と清田区の間を流れています
北野6条1丁目あたりで暗渠に入り厚別川に合流するとあります。(ウィキペディア)
実は柳瀬橋から虹の橋の間に3本の合流点があり特定は難しい状況です。
虹の橋直下を合流点とするブログがありますがこれも推定です。しばらく放っときます。

割とあっさり吉田川と厚別川の合流点がわかりました。追記しておきます。

吉田川は羊ヶ丘の農研センター内なので進入は難しいかと思いますので暗渠3の出口から始めます。
暗渠3 出口
この続きはこちら→

続きを読む

10月26日の散歩

朝は冷えますがまだ何とか
昼間は気温も10度を超えているようで散歩には何とかです。手袋が欲しくなってきました。

今日は陽だまりロードを少し歩いて、吉田川を探してみますが見つかりません。
陽だまりロード
この続きはこちら→

続きを読む

あの頃、君を追いかけた

2011年台湾の映画です
私が知らないだけで、結構有名な作品らしくネットでもあちこち記事を見ます。
寒くて天気が悪く出かけなかったのでネットの無料映画を何気なく見てみたら、私には大当たりの映画でした。

10代は成長できない男の子が馬鹿をする時期で、今考えても恥ずかしい経験があれこれ、
そんな頃の話をストレートに映画にしています。
作品中も女の子は男の子より遥かに早く大人になり、男の子は女の子に好かれる行為を勘違いするわけです。

主人公コーチンは結婚式に出席する準備をしています。友達が迎えに来ます。
そこで学生時代を思い起こします。

高校生のコーチンとその仲間4人はいつもの悪ふざけが過ぎるので、
優等生のチアイーの前の席で悪さをしないように見張られることになります。コーチンはチアイ-の真ん前の席です。
何か言われるたびに青いペンで背中を突かれるようになります。

そのうちうまくあおられ勉強をする羽目になり成績が上がってゆきます。
調子に乗りチアイ-と髪型を賭けて勝負をすることになります。
コーチンが負けたら坊主頭、チアイ-が負けたらポニーテールにする約束です。
試験で負けたコーチンは坊主に、でも勝ったはずのチアイ-は翌日ポニーテールで学校に来ます。
クラス会費が紛失した件では悪ガキ仲間と一緒にチアイーも罰で立たされることになったりします。

高校を卒業して離ればなれになりデートをしますが、同じ台湾とはいいながら距離があり電話がほとんどのつきあいです。
そんなとき格好いいところを見せようと格闘技の試合をはかり、
チアイ-を観戦させますがコーチンの気持ちがチアイーには届かず言い合いになりそのまま分かれてしまいます。
その後色々あり冒頭のシーンにつながります。

日本人と同じじゃないのと最初から引き込まれてしまいました。
馬鹿なことをやっている男の子は台湾も日本も変わりがありません。
こんなに文化とか生活に違和感を感じなかった海外映画は初めてでした。
鉄道のキップがまだ硬券で鋏を入れていたこと、卒業式で蛍の光が歌われていたこと。
学生寮の雰囲気、AV女優や漫画など日本文化もそのまんま受け入れられていること。

あの頃のことを思い出させる、思い出したら恥ずかしくて押し入れの布団の下に隠れたくなるそんな想い。
誰にでも昔男の子だった人はそういう思い出があるような気がします。

大人になっていない初恋がうまくいくはずがない。
そんな当たり前のことがわからず全力で右往左往して失敗する。
そんな時期がきっと人生を豊かにするんだなんて後からへりくつを付けたりして。

泣いたり笑ったり、泣き笑いしたり忙しい映画でしたが、懐かしさが最後まで続いた映画でした。
ただ生理的に会う人会わない人がいると思います。最初の部分は悪ふざけが過ぎると思いました。
でもすぐに私は馴染んでしまいましたが。
映画のキャッチコピーは「青春は、恥と後悔と初恋で作られる」だそうです。さなかにそんなこと言う奴はいないよね。

国連の曲

今日は国連デー
というわけで無理矢理の曲特集です。いつものように「国」「連」と入る曲を探してみました。
国連の活動に思いを馳せて聞いてみましょう、んなわけないだろうな。天気悪くて出かけなかっただけですがね。
明日はいよいよ平地でも雪の予報が出ています。引きこもりが吉でしょう。

逢いたくて北国へ 小柳ルミ子
愛の国から幸福へ 朝倉理恵『ひとさし指』
愛の国から幸福へ 芹洋子
朝の国から  キム・ヨンジャ
貴方の国のメリーゴーランド チャラン・ポ・ランタン

兄貴が彼女を連れてきた 南野陽子『ブルーム BLOOM』
あや子のお国自慢だよ~がんばろな東北!!~ 藤あや子
アリスの国へ pickles『サージェスト・ピーディア』
異国 高田みずえ『恋人たち』
異国~TOKYO IN THE NIGHT 篠原涼子『篠原涼子from東京パフォーマンスドール』

異国 東京パフォーマンス・ドール『Tokyo Romance~Cha-DANCE PARTY Vol.4』
異国の丘 竹山逸郎、中村耕造
異国の風 優雅『フィーメイル・アイドル・コレクションVol*2』
異国の詩人 石川優子『月曜日のシャンプー』
異国の娼婦 原田知世『NEXT DOOR』

異国のタンデム 渡辺美奈代『HOPPING』
異国の人 ジョルジュ・ムスタキ『異国の人』
異国の祭 桜井智『12の旋律』
異国の窓から 小幡洋子『PEARL ISLAND』
いますぐ夏へ連れ去って・・・ Beaches『Beaches』

笑顔の連鎖 堀江由衣『楽園』
エディの国 笠原弘子『Saga』
お酒天国 イベット・ジロー
おつかれさまの国 斉藤和義
おとぎの国のお話 NSP『N.S.PⅡ』

おとぎの国のBirthday  酒井法子『Singles』
鏡の国から  能瀬慶子『能瀬慶子☆BEST』
鏡の国のI Love You 渡辺満里奈『EVER GREEN』
学園天国 フィンガー5
学園天国 小泉今日子

風の国(2001mix) ゴンチチ『gontiti best』
神の国まで  桑名正博
ガラスの国境 矢野有美『ガラスの国境』
カリフォルニア天国 ナンシー・シナトラ『ナンシー・シナトラ』
キス・ミー天国 横山智佐『MINI BEST』

北国街道・日本海 走裕介
北国の青い空 奥村チヨ『音故知新・KUTU(青)』
北国の三月 N.S.P.
北国のチャペル ザ・ランチャーズ
北国のバラード タンポポ『小さな波紋』

北国の春 テレサ・テン『つぐない』
北国の春 千昌夫
北国の二人 ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
北国の私 北野玲子『青春もよう』
北国は恋がいっぱい 畠山みどり

北国は寒いだろう 中山恵美子『エミ子の長いつきあい~シングル・コレクション』
北国フェリー 走裕介
北国へ 石坂智子『アイドル・ミラクルバイブル 石坂智子』
北国へ 細川たかし
北国慕情 野路由紀子

北国めぐり チェリッシュA『愛』
北国行きで 森山加代子『森山加代子・しんぐるこれくしょん』
北国行きで 朱里エイコ
北国ゆきの宿 石川さゆり
北の国から~遥かなる大地より・蛍のテーマ さだまさし

北の国へ 高石友也
君の祖国を  ザ・シャデラックス『フォーク歌年鑑’67』
きゃらきゃら天国 GCB47(ご当地キャラクター・バンド・よんじゅうなな)
口笛天国 口笛キッド
クレッセント・シティに連れてって 姫乃樹リカ『アメイジングストーリー』

ゲキテイ(檄!帝国華撃団) 横山智佐&帝国歌劇団
檄!帝国華撃団 中川翔子
ゲンキ天国  長山洋子『New Yoko Times』
長編歌謡浪曲 豪商一代 紀伊国屋文左衛門 三波春夫
黄金の国から 笠原弘子『Saga』

国際線 三田悠子
国際線待合室 青江三奈
国道渋滞8km おニャン子クラブ『PANIC THE WORLD』
国領 ソニン『華』
国境に近い愛の歌 牧瀬里穂『P.S.RIHO』

国境の町 東海林太郎
子連れ狼 橋幸夫、若草児童合唱団
今度私どこか連れていって下さいよ 森高千里『非実力派宣言』
今度私どこか連れていって下さいよ 加藤紀子「今度私どこか連れていって下さいよ」
寒い国のジゴロ 高岡早紀『S’Wonderful!』

さよならの国の旅人(ChorusVersion) 石田ひかり『TRUE』
さよならの国の旅人 石田ひかり『White Virgin』
サラダの国から来た娘 イルカ
三国志の歌 小池玉緒
しあわせの国 イルカ『イルカの世界』

GT天国 河合奈保子『Members Only』
時間の国のアリス 松田聖子『Tinker Bell』
少女天国 アンナアン「ライ★ラ★ライ」
焼酎天国 島津悦子
新諸国物語 笛吹童子 OTM

新諸国物語 紅孔雀 井口小夜子
わが祖国・ボヘミアの牧場と森から:スメタナ
世界の国からこんにちは(’90) B.B.クィーンズ『WE ARE B.B.クィーンズ 』
世界の国からこんにちは 山本リンダ
全国無責任時代 ガガガSP

ダイエット天国 YURIMARI『Love Love Dreamer』
太陽の国 夏のメロディー 辺見えみり『DEBUTANTE』
大連慕情 松任谷由実『seasons colours 春夏選曲集』
だからわたしは北国へ チェリッシュ『チェリッシュⅡ』
ダンス天国 黛ジュン『黛ジュン ベスト30』

ダンス天国 ウォーカー・ブラザース
チェンメン天国(パラダイス) 風男塾
チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」中国の踊り ロリン・マゼール(CD)クリーブランド管弦楽団
連れてって 田村英里子『May be Dream』
連れてって 連れてって DREAMS COME TRUE

ディスコ天国 MITCHIE(三橋美智也)
TVの国からキラキラ 松本伊代『Only Seventeen』
天国オン・ザ・ビーチ サザンオールスターズ
天国と地獄  太田裕美『エレガンス』
天国にいちばん近い島  原田知世『撫子純情』

天国のキッス 松田聖子『ユートピア』
天国の場所 望月菜々『天国の場所』
天国の門 キム・ヨンジャ
天国より野蛮 中谷美紀『cure』
遠い国XANADU エンジェルス『東京天使』

遠い遠い神々の国で 西島三重子『SHADOW』
トンネル天国 ザ・ダイナマイツ『青春歌年鑑’67』
ないないないの国 おおはた雄一
ナゾナゾ夢の国 TARAKO
夏へ連れていって 山口リエ『chic~シィック~』

涙の連絡船 都はるみ『都はるみ全曲集 小樽運河/千年の古都』
南国哀歌 こまどり姉妹
南国からの手紙 チェリッシュ『春のロマンス』
南国土佐を後にして ペギー葉山
南国人魚姫 小幡洋子『PEARL ISLAND』

南国の夜 大橋節夫『青春歌年鑑’61』
日本全国酒飲み音頭 バラクーダ
ハートが天国 國府田マリ子『Vivid』
ハイドン:交響曲第53番ニ長調「帝国」 ガリ・ベルティーニ(CD)シュトットガルト放送交響楽団
はつかり号は北国へ チェリッシュ

春ある国に生まれ来て SARAH『真昼の夢 夜の庭』
悲観の国からこんにちは 酒井法子『マジカル・モンタージュ・カムパニー』
火の国の女 坂本冬美『坂本冬美2004全曲集』
火の国へ 石川さゆり『とき』
白夜の国へ 柏原芳恵『愛愁』

不思議な国へ ヤン・スギョン『愛されてセレナーデ』
不思議の国 倉木麻衣『FAIRY TALE』
不思議の国のスイートミント 笠原弘子『MY BEST FRIEND』
不思議の国のフェアリー・テール Fairy Tale「不思議の国のフェアリー・テール」
不思議の国へ連れてって 太田貴子『GRADATION』

フリフリ天国 高岡早紀「フリフリ天国」
北の国から 遥かなる大地より~螢のテーマ さだまさし
Must Be Lucky~愛の国へ~ Cindy『Angel Touch』
真夏の国 堀ちえみ『風のささやき』
真夜中発北国行き シルクロード『終章』

三国駅 aiko
見知らぬ国のトリッパー 岡本舞子
見知らぬ国へ 中島まゆこ『アイドルミラクルバイブル中島まゆこ・北野ルミ』
南の国からきた手紙 小田茜『メッセージ』
南の国のパームタウン 山野さと子

無国籍の風になりたい 深見梨加『Mornin’ After』
無国籍ロマンス 荻野目洋子『フリージアの雨』
メビウス天国 水谷麻里『PICNIC』
闇夜の国から 井上陽水『GOOD PAGES』
雪国~駒子 その愛~ 坂本冬美

雪国の女 春日八郎『春日八郎 全曲集』
YURIの帰国 今井優子『殺したいほどTONIGHT』
夜霧の第二国道 フランク永井
楽園に連れて行って 新田恵利『リタルダンド』
両国橋 由紀さおり『best now』

両国橋 松平純子
両国橋 由紀さおり
連理の枝 瀬川瑛子

以上158曲有りました。さすがに国連の加盟国193カ国(2011年7月現在)には及びませんでした。
Benri-Navi

benri-navi by myhurt

CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。