FC2ブログ

建築学概論

2012年公開の韓国映画です
韓国では大ヒットした映画らしいのですがすみません知りませんでした。

東アジア共通初恋映画です。
ある日ソヨンが建築事務所に勤めるソンミンに、実家の建築設計を依頼しにきます。
ソンミンにとってソヨンは大学時代の初恋の相手です。
最初はしらばっくれたりして断ろうとしますが結局受けます。
建設場所はソヨンの実家のあるチェジュ島(済州島)です。

設計、施工、設計変更、落成と進むソヨンの家の増改築(結局新築案は却下)をしている現在と、
10年前の大学1年次のソヨンとの出会いから別れまでが回想として、交互に描かれます。

建築学概論の講義内容と同じに交際が進んでいきます。
 初回 学校と住んでいる家とのルート
 通学ルートが同じで同じバスに乗っている。その後知り合い一緒にレポートする。

 2回 自分の住んでる街を歩いてみる。
 一緒に探検する。旧韓国風の空き家を発見する。(ここが何度も出てくる)

 3回 一番遠くへ行ってみる
 ソウル市内のバスで一番遠いところへ行ってビルの屋上でCDを聞く。

 4回 住みたい街へ行ってみる
 ほとんどデート。誕生日を知る。ソヨンの将来の家の建築契約をする。
 契約としてCDを貸してもらうがしかしCDプレイヤーがない。

 ソヨンの引っ越しの手伝い。初雪の降る日あの空き家で会おうと約束。

 5回 建築学と仲良くなれたかな?
 講座の打ち上げが行われます。そして・・・。

ソヨンは最初は先輩に憧れていたので、ソンミンは先輩を意識しすぎて萎縮した行動しか取れません。
ソヨンはソンミンから見るとどちらが好きなのか態度がはっきりしません。
もちろん10年後わかります。
こういう事を曖昧にしてストーリーが成立するのは韓国・台湾・日本くらいかも知れません。
中国・東南アジアでも成立するかも知れないのですが映画ではまだ確かめられていません。
インドから西、欧米は確実に確認するストーリーでないと受け入れられないような気がします。
アジア各国の映画で確認したいものです。

大学浪人の友だちナプトゥクの恋愛指南が可笑しい。それをまともに聞くソンミンも可笑しい。
でもこの頃はその方面の知識が少しでも多い人を師匠と思ってしまう刷り込みがあるのかも。

最後の辺りでソンミンのお母さんの着ていたTシャツが泣けました。
どこの国でも親は自分の身なりには気を使わないものなのです。子供に貯金をはたいたとしても。

大学時代のソヨンです。持ってるCDは展覧会というグループのものです。
ソヨン 大学生の時
今日の札幌はおおむね小雪、たまに晴れ間が見えました。
Benri-Navi

【月別アーカイブ】

 2016年01月 

benri-navi by myhurt

CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。