FC2ブログ

月寒鉄北橋辺り

今日は曇り時々晴れ
まずまずの天気です。蒸し暑くなりました。

アジサイのピンク色がきれいです。(本通北)
アジサイ 本通北
この続きはこちら→

続きを読む

川下一条辺り

天気いまいち、雨降らなければ良し
久しぶりの雨休みなので強い曇天でしたが出てみました。幸い雨には降られませんでした。

早速ハシボソガラスの子供が出ました。去年もこの辺りに2~3度出てくれました。(本通18丁目北)
ハシボソガラス子供 本通北
この続きはこちら→

続きを読む

最近見た映画 その37

今日も雨、散歩なし
午後から回復してきましたが散歩はどうかという天気でした。今日は最近見た旧作映画の紹介です。

身代金』(1996年、アメリカ映画)見3
トムは短期間でのし上がってきた航空会社の社長です。
ある日息子が誘拐され身代金を要求されます。
最初のうちはFBIと犯人グループの言うことに素直に応じていましたが、
トラブルやミスがありやがて奇矯な行動に出ます。
犯人グループに身代金を渡さず懸賞金として使うことを宣言します。
あり得ない展開ですが結構面白く感じました。実際にやっちゃダメだと思いますが。

ロッキ―2』(1979年、アメリカ映画)見2
2は1の試合の最後の辺りから始まります。
試合後ロッキーの善戦をたたえながらも、チャンピオンのふがいのなさに批判が集まります。
チャンピオンのアポロは汚名挽回のため改めてロッキーに試合を申し込んできます。
どうしてもこういう作品の常として1と同じパターンになってきます。目新しいものもありません。
少なくとも一作目を超えるのは難しいようです。テーマソングは同じでよいとしても。

ぱいかじ南海作戦』(2012年、日本映画)見3
決まった時間にほわっとする南風(ぱいかじ)が吹く西表島でのサバイバル生活を描いています。
カメラマンの佐々木は会社を首になりついでに妻にも愛想を尽かされ別れ、思いつきで西表島へ来ます。
砂浜でホームレスの4人と出会いいろいろな島のしきたりやサバイバルを教わります。
そしてサバトな楽しい一夜を過ごし翌朝持ってきた荷物がすべて持ち去られていることに気づきます。
呆然としている佐々木の前にオッコチ君が現れカモになりそうでしたが、
純朴な青年から妙に頼られ一緒に暮らし始めます。。やがて訳ありの女性二人組も現れ4人で共同生活を始めます。
さて佐々木(仮名:宮本)は自分の荷物は取り返すことが出来るのか?
内容は作戦と言うほどではありませんが面白い映画でした。最後が理解出来ませんでしたが。

特命係長只野仁 最後の劇場版』(2008年、日本映画)見3
お馴染み柳沢きみお原作漫画の映画化です。テレビドラマでもやっていましたね。
劇場版はどういう位置づけになるのか判りません。
企業のトラブルで大事件になる前にその芽を摘み取る仕事を闇でやっている男が主人公です。
命令は会長から直接出ます。今回の仕事は電王堂が手がけるビッグイベントに脅迫状が来ているので、
メイン・キャラクターのシルビアの身辺警護と調査を指示されます。
死人も出ますがコメディです。

フライト8714』(2010年、スペイン映画)見4
スペインで起きた航空機墜落事故の原因究明に当たる人々の人間ドラマです。
事故調査委員会(?)の権限が一番強いはずなのに、政府などが口出しをしてくる。
出発前に整備した人間は口をつぐんだり会社に出てこなかったりします。
パイロット出のメンバーは予断を与えようとするといった感じでなかなかすんなりとは進みません。
ドラマと言うより推理サスペンスのニュアンス強い感じの映画で最後まで目が離せません。
重要な鍵を握るボイスレコーダーも最初は一部分しか聞けなく肝心の事故寸前の会話が聞けないなど。
それでも一つ一つ解決をして事故原因の解明をします。
やはり強いリーダーシップがないと事故の解明は出来ないのだと思いました。
とても面白い映画に当たりました。

ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』(2011年、アメリカ映画)見2
バチェラーパーティーinタイ版です。今回もビール1本だけのはずなのに気づいたら知らないホテルの中に?
サルはいるし見知らぬ男がいると言った状況。今回も無事に結婚式に出られるのかと言う話です。
まあ前回と同じようなもので舞台がラスベガスからバンコックに変わってまあエキゾチックでカオス?
笑ってみていればいいので2度見る必要はありません。

大人ドロップ』(2013年、日本映画)見4
樋口直哉さんの小説を映画化したそうですが原作は読んでいません。
主人公浅井が薬局で肝油ドロップを見て高校生の頃を思い出すという話になっています。
大人になるって事は恋愛することなのかという疑問は残りますがシンプルなストーリーです。
ハジメは大人になった。杏ちゃんは待てなくて大人にならざるをえなかった。
ハルちゃんは先に大人になっていて誰かが大人になるのを待っています。こんな感じかな?
他の映画のネタがいくつか出てきます。「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」(Laundry)
「地雷を踏んだらサヨウナラ」(同名映画)「元気ですか!」(アントキノイノチ)
みんな見たことある映画です。他に、英語の担任の先生が個性的でした。
大人の私はハルちゃんに惚れました。

HOTEL FLOWERSホテル・フラワーズ』(2011年、日本映画)見1
義理の父が経営していたホテルを引き継ぎ営業していますがただ事ではない借金を背負っています。
そこにヤクザらしき人間が1週間の予定で宿泊に来ます。食事はいらず、女付きです。
女同士で気が合い協力して波を乗り切ろうとします。でもはっきりと目標はなくて行き当たりばったりです。
最初はじっくりホテルの事情が語られますが、後半はやっつけで尚かつ慌てた処理です。
ストーリーと言えるものにはなってません。見ない方が吉です。

フライ・ダディ』(2006年、韓国映画)見3
日本映画「フライ・ダディ・フライ」のリメイクだそうです。元を見ていないので比較は出来ません。
娘が同じ高校のボクシング・チャンピオンに殴られ怪我をして入院します。
父親が病院に駆けつけると生徒の父親の代理が金で解決しようとしてきます。
きちんと謝らない親に納得出来ない父親は闇討ちを謀りますが、チャンガの仲間に取り押さえられます。
事情を聞いて一計を案じたチャンガのトレーニングを受けます。
せめて1発でも殴れれば娘も父もそして母も立ち直れると思い必死でがんばります。
話はどんどん進むので退屈しません。バス運転手と乗客が良い仕事をしています。

7級公務員』(2009年、韓国映画)見3
国家情報院の公務員(諜報員?)スジは恋人のジュンジュンとつきあっていますが、
仕事の性格上正体を明かすことが出来ずに嘘を嘘で塗り固める生活です。
ある日ジュンジュンはそんなスジに愛想を尽かし別れて海外留学に出てしまいます。
3年後戻ってきて再会しますが、今度は両方とも嘘をつきまくりの関係になります。
事件としては殺人ウィルスの韓国-ロシアの密売事件がメインです。
他は二人のやりとりとアクションの連続で笑わせられます。
特にテーブルに置いた拳銃の取り合いは3回ありましたが大笑いでした。

いつものように「見たい度」(あくまでも個人の感想です)
見5(何度でも見たくなる)、見4(きっとまた見たくなる)
見3(一度で十分と思うが、暇があれば見るかもしれない)
見2(見なくてよかったかも)、見1(見たことが残念)

明日は少し天気が回復するかも知れません。

最近聞いて良かった60曲 16年6月C

今日も雨、散歩出来ず
映画ネタもまだありますが毎日では何となく、で今日は音楽の話を書きます。

調べてみるとFM放送から月に500曲ほど聞いています。一日平均10~20曲になります。
そんな中からもう一度聞いておきたいという曲が60曲たまると1セットとして保存し聞き直してます。
今日は少し経ちましたがおおむね6月後半に流れた曲です。

かもめはかもめ:松原のぶえ
からたちの小径:城之内早苗
ちょこっと仮面 feat.井上喜久子(アニメバージョン):あべあきら
アニマリズム:さくら学院
カザキリ:やなぎなぎ

キットカナウ:miwa
シャランラン feat.96猫:miwa
スターダストボーイズ:影山ヒロノブ、こおろぎ’73
スローなブギにしてくれ(I want you):南佳孝
ソーラン渡り鳥:水森かおり

ティ・アモ~風が吹いて~:秋元順子
ナツコイ:井上苑子
ハッピーサマーウェディング:モーニング娘
ペガサス幻想:MAKE-UP
マテリアルGirl:ぱすぽ☆

ラブレター:世良公則
会いたくて会いたくて:西野カナ
何度めの青空か?:乃木坂46
俺たちの旅:小椋佳
元祖天才バカボンの春:こおろぎ’73、コロムビアゆりかご会

全力バタンキュー:A応P
初恋:村下孝蔵
勝手にしやがれ:庄野真代
君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。:中原めいこ
夏だよ!!:X21

夢の途中:来生たかお
少女X:X21
川の流れのように:八代亜紀
幸福(しあわせ)あそび:純烈
恋するフォーチュンクッキー:AKB48

恋におちて-Fall in Love-:徳永英明
恋人も濡れる街角:中村雅俊
懐かしくってヒーロー~I’ll Never Forget You!~:水木一郎&谷本貴義
明日への卒業:X21
明日(あす)に向って走れ:吉田拓郎

気づいたら片想い:乃木坂46
港が見える丘:森昌子
瞳はダイアモンド:高橋真梨子
空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go:谷本貴義
糸:岩崎宏美

約束の丘:X21
酒場にて:吉幾三
酔歌(ソーラン節入り):神野美伽
雨の日は家(うち)にいて:山下久美子
雨:森高千里

黄昏のビギン:石川さゆり:
黒のクレール:大貫妙子
桃色片想い:松浦亜弥
A・RA・SHI:嵐
Aitai:加藤ミリヤ

DON’T YOU・・・?:堀江美都子、タイム・ファイブ
Fly:BiS
Love so sweet:嵐
M:つるの剛士
One Love:嵐

PIECE OF MY WISH:河口恭吾
Princess:miwa
SINGLE:山下久美子
Ti Amo:EXILE
What You Waiting For:グウェン・ステファニー

ジャンルはいつも通りバラバラです。傾向として今回はカバー曲が少し多めです。
この中でも更に気に入っているのが赤字の曲です。(私的に殿堂入りと称してます。)
改めて並べると
ちょこっと仮面 feat.井上喜久子(アニメバージョン):あべあきら
会いたくて会いたくて:西野カナ
気づいたら片想い:乃木坂46
糸:岩崎宏美
約束の丘:X21
雨:森高千里

ちょこっと仮面は本音?の掛け合いが楽しい曲です。
西野カナさんの「会いたくて会いたくて」は大好きだという声が聞こえます。
乃木坂46にはなぜか好きな曲が多いのです。このほか「バレッタ」も大好きです。
糸は中島みゆきさんの曲ですね歌の上手な人が歌うとしびれます。他にクリス・ハートさんのも良いです。
X21の「約束の丘」は福山雅治さんの曲とは違います。
森高千里さんの「雨」はあの「渡良瀬川」と並ぶ名曲です。
こういう曲を聴くと鳥肌が立つ思いがします。長く聞いてて良かったと感じるときです。

雨が続いています。そういえば大好きな森詠さんに「雨はいつまで降り続く」という小説がありました。
ではまた明日。

最近見た映画 その36

朝から強めの雨
何も出来ません。はなっから諦めて映画の話を書きます。

ブラック・ドッグ』(1998年、アメリカ映画)見3
超大型トレーラーの腕利きの運転手として働いていたジャックは、
ある日過労からブラック・ドッグと言われる幻影を見てしまい大事故を起こします。
それもやがて仮釈放されますが免許の再交付はまだです。
そんなある日荷物の輸送を依頼されます。条件は免許の再交付と報酬1万ドルです。
結局引き受けジャックと護衛兼監視役として3名が付いて出発します。
トラックのアクションが好きな人には良い映画だろうと思います。私には新鮮でした。
うさんくさい感じの奴らが意外に良い奴だったりします。

転々』(2007年、日本映画)見4
藤田宜永さん原作の映画化です。読んだことはありません。
大学生の竹村は借金があり返済を迫られています。
ある日借金取りの福原から一緒に霞ヶ関(桜田門)までつきあってくれたら報酬100万払うと言われます。
ただし全区間歩きです。他に選択の余地はなく嫌々ながらもつきあうことにします。
というわけでゆるゆるのロードムービーです。この時間感覚が良く馴染みます。
そしていろんな人と出会います。最後は疑似家族が仕上げます。
三浦友和さんは今まで見た映画はどうしても三浦友和として見てましたが、この映画は役名で見られました。
良い味出してました。

がんばれ!ベアーズ』(1976年、米)見2
最初の辺りでこれはダメだとドリフターズの長さんでなくても言ってしまいそうです。
マイナーリーグの選手で現在清掃人をやっているバターメーカーは父兄に監督を依頼されて引き受けます。
試合をやってもどうしようもないので以前チームで活躍していたアマンダをピッチャーに、
不良のケリーを外野手にスカウトします。何とか体裁が整い連勝街道を走り始めますが、・・・。
以前見た記憶がありましたがほとんど覚えていませんでした。こんなチームは無理だと思いました。
監督はアル中だし、捕球出来ない、投げられない、エラーだらけとひどい状況です。
感情移入出来るのはアマンダくらいです。こんな映画だったんだなあ。

若葉学園 チェリーボーイズ』(2008年、日本映画)見2
童貞の守は浜辺で落語の練習をしています。
近くにコスプレをした女子が現れ風が吹いたためパンチラを見て一目惚れしてしまいます。
その女子が守のクラスに転校生として現れます。
しかもすぐにコスプレ部を新設、守たちの落語部部室を半分占拠します。
守は落語一筋ですが、守の親友二人は母娘の経営する食堂でアルバイトをして色々笑わせてくれます。
裸の胸が出てくるときがサービスカットですが、余計なお世話だと思いました。

目には目、歯には歯』(2008年、韓国映画)見4
銀行強盗があり、犯人はペクと名乗ります。ペクは刑事で今まさに退職しようとしていたところです。
汚名を晴らすためとりあえず撤回し、捜査に復帰します。チェジュ島では金塊の盗難が起こります。
二つの事件の共通点はキム・ヒョンデの率いる財閥の資産であることでした。
犯人たちの目的は何か少しずつ明らかになってゆきますが、パク刑事はどういう決断をするのでしょうか?
どうも義理人情などが主題のように感じました。また強盗団のメンバー同士の絆を感じました。

沈黙の傭兵』(2006年、アメリカ映画)見3
シーガーは傭兵をやっています。今回はアフリカの島国家で仲間たちと活動していましたが、
突如フランス軍が介入してきて戦友が戦死し命からがら脱出します。
国に戻ったシーガーは亡くなった戦友の家族に告げに行きます。
間もなく斡旋業者に次の仕事を依頼されます。南アフリカの刑務所に収監された武器証人の息子の救出です。
亡くなった戦友の妻子が人質となったため引き受けます。そしてアフリカで罠にはめられた借りを返そうとします。

ホットロード』(2014年、日本映画)見3
有名な紡木たくの漫画の映画化です。自分の居場所がないと感じている少女が暴走族の中に居場所を見つけます。
幼いときに父を亡くした和希(かずき)は新しい男と交際している母との確執があり愛されていないと感じています。
友人絵里の手引きで暴走族にいる先輩宏子の下へいきます。そこで春山に声をかけられ交際を始めます。
寂しい映画ですが、だからこそ尾崎豊のOH MY LITTLE GIRLが身に浸みます。

ニューヨーク1997』(1981年、アメリカ映画)見2
1981年の映画ですが1997年を描いた映画です。どちらも過去になってしまいました。
この題名だけだと内容が思い浮かびません。何とか思い返して書きます。
ニューヨークのマンハッタン島が隔離され高い塀に囲まれた刑務所になっています。
ある日大統領機が墜落して人質に取られてしまいます。
何とか政府は救出しようとその筋では有名なスネークに白羽の矢を立て救出を依頼します。
スネークは単独で潜入してゆきます。奇想天外な話です。

ひまわりと子犬の7日間』(2013年、日本映画)見3
宮崎県中央保健所で実際に起きた出来事の映画化だそうです。
主人公神崎は男やもめで二人の子供を育てています。保健所に勤めています。
ある日母子の野犬を捕獲し管理センター内で飼育します。
規則では捕獲して飼い主が付かない場合殺処分をしなくてはなりません。
子犬はすぐに飼い主が付きますが母犬は子犬を守るため凶暴になり人に慣れません。
しかし神崎は娘とした約束、母犬と子犬を飼い主に一緒にもらってもらうという約束を守るため奔走します。
ひまわりは神崎の娘が名付けた母犬の名前です。

必殺仕掛人』(1973年、日本映画)見3
はらせぬ恨みをはらし 許せぬ人でなしを消す で始まるご存じ必殺シリーズ最初の映画化作品です。
最初期のものなので梅安と左内は当たり前ですが元締めも仕事をしています。
今回の話はテキ屋の元締め辻屋の跡目に群がる男と女を描いています。悪徳役人がそれに花を添えます。
梅安は藤枝梅安と言ってますが藤枝は地名から取ったとは知りませんでした。まだまだ勉強不足です。

いつものように「見たい度」(あくまでも個人の感想です)
見5(何度でも見たくなる)、見4(きっとまた見たくなる)
見3(一度で十分と思うが、暇があれば見るかもしれない)
見2(見なくてよかったかも)、見1(見たことが残念)

しばらく天気不良の予報です。一時的にでも回復して欲しいものです。

環状夢の橋

晴れ、風が強め
湿度も低いため、きょうも涼しい気温です。健康診断の後、環状通まで往復しました。

検診会場は白石東地区センターです。
検診 白石東地区センター
この続きはこちら→

続きを読む

月寒鉄北橋辺り

今日も晴れ、でも風が強い
気温は微妙、出てすぐは半袖では微妙な気温。湿度が春先のように低い感じです。

ペチュニアは大半がくたびれてきてます。これは元気そうですが。(本通北)
ペチュニア 本通北
この続きはこちら→

続きを読む

白石東冒険公園

快晴ですが風強く涼しい
暑くはなりませんでした。強風が吹き荒れています。気温は25度行ったかどうか。
月寒川ここロード辺りから白石東冒険公園辺りまでぐるっと回ってみました。

ガクアジサイがきれいです。(本通北)
ガクアジサイ 本通17丁目北
この続きはこちら→

続きを読む

最近見た映画 その35

土曜日は買い物
今日は快晴で気温も高めで、強い風を除けば申し分のない散歩日和です。でも映画の話です。

信さん・炭坑町のセレナーデ』(2010年、日本映画)見4
守は母の生まれ故郷の炭坑島の小学校に転校します。母は洋装店を開いて家計を立てます。
守はハイカラな格好をしていることから虐められますが年上の信さんに助けられます。
居合わせた母がお礼を言おうとすると信さんが親に折檻を受けていることに気づき無言で慰めます。
生まれて初めて受けた優しさに信さんは泣いてしまいます。そして判ってくれた母の優しさに恋をします。
何年経ってもその思いは変わらず成長してたくましい炭坑マンになります。
子供が生き生きしています。小さいながら稼ごうとしていてたくましいです。
また朝鮮国籍の友人の生き方などが描かれます。
S38年、S45年、S48年の出来事です。

サイボーグ・シティ』(2009年、アメリカ映画)見3
8人の女強盗団が銀行強盗をやったあと逃亡中です。
何とかメキシコに逃れようと途中の地図にない小さな街の店に寄ります。
ゲームをしているとしつこく絡んでくる男がいてあまりにしつこいので短気な女が撃ち殺してしまいます。
すると店にいる男たちみんなが銃を向けてくる当然一触即発状態になりますが男たちの様子が少し違う。
撃たれた男も火花を散らしている。ここで男たちが作り物であることに気づきます。
この後はもちろん撃ち合いですが、次々と増援が現れ1名死亡、3人が捕まってしまい、4人が脱出します。
3人はロボットの開発者と会いその企みを知ります。そして脱出を企てます。
4人も昔の友人の応援を得て救出に向かおうとします。
結局サイボーグらしきものはどこにも出てきません。映画の中ではアンドロイドと言ってます。私もそう思います。
終わりの方はめんどくさくなって来たのか適当にまとめています。スーパーの戦闘シーンはなかなかだと思います。
それと弱かった大型ロボットは出さない方が良かったと思います。
こんな事書いてますが私にはSF味もあり面白く感じました。

墨攻』(2006年、中国・日本・香港・韓国映画)見3
諸子百家のうち墨家は墨子がひらいた流派です。特に守城戦に実績を残しているようです。
少数精鋭で鉄の規律を持っています。通常墨守するという使われ方をします。墨攻は作者の造語のようです。
強い国から攻められている弱い国を守るとバランスが取れて平和になると言う理論の実践です。常に弱い側に立ちます。
ストーリーは趙の国が燕の国を攻める際、途中にある梁の国が攻められます。
梁の国王は10万の大軍と聞いて墨家に助けを求めますが断られます。
がしかし一人だけ革離(かくり)と言う男が助けに来ます。
墨家の思想の実践として小国の百姓や兵士を助けたかったのだろうと思います。

シークレット ウインドウ』(2004年、アメリカ映画)見2
レイニーは人気作家だが別居中の妻と離婚協議中で気分が落ち込み作品が書けないでいました。
ある日別荘で暮らしているところにシャイニーと言う男が訪ねてきて、
過去に書いた「シークレットウィンドウ」という作品が盗作だと言われます。
渡されたシューターが書いたという作品を調べてみると彼の短編集に掲載された作品と結末が違います。
鍵となるマイナーな掲載雑誌を別居中の妻が住む家から取り寄せて反論しようとすると、
火事が起こり雑誌ごと全焼していまいます。
原作はスティーブン・キングの小説です。読んでいませんが映画は好みではありません。

ロッキー』(1976年、アメリカ映画)見3
何回か見ているはずですが所々しか覚えていません。ストーリーは有名ですので省略します。
4回戦ボーイがチャンピオンといきなり対戦するというのは映画でなくてはあり得ません。
ロッキーも15ラウンド目に立っていられるのが最大の目的でトレーニングをします。
有名なロッキーのテーマが始まると気分が高揚します。

アンダンテ~稲の旋律~』(2010年、日本映画)見3
引きこもりの千華(ちか)は大学時代から引きこもりを続けています。
30近くになり父の口利きで就職するも大きな失敗をして会社に行けなくなります。
ある日会社の人が迎えに来てくれましたが、会社の近くで赤信号のとき車から降りてしまいます。
そのまま逃げるように通勤電車からローカル列車に乗り継いで田んぼのある駅に降ります。
そのまま自分の弱み現状をさらけ出した手紙をペットボトルに入れ田んぼに置いてきます。
秋に収穫を始めた田んぼの持ち主晋平は手紙の返事をしたためます。
それから何度もやりとりがあり、農作業を手伝う事が出来るまでに回復してゆきます。
引きこもり、農業問題、TPP、家族の再生などがテーマだと思います。
最後の場面はやり過ぎで冷静では見られません。

天使にラブ・ソングを…』(1992年、アメリカ映画)見3
アフロヘアーの売れないクラブ歌手デロリスはギャングのボスであるヴィンスの愛人です。
ある日ヴィンスが命令し裏切り者が殺される場面を見てしまいます。手下に追われ命を狙われます。
警察に逃れたデロリスは裁判の日まで保護されることになります。
しかし警察署内に内通者がいることから、誰も気づかれない修道院に預けられます。
最初はいたたまれずすぐに脱走しようとしますが、
音楽としてなってない聖歌隊の指導を任されてから俄然やる気が出てきます。
基本はコメディです。修道女たちのと友情を築く過程が楽しい映画です。

名探偵登場』(1976年、アメリカ映画)見1
実在しない小説上の探偵5人登場させ実写化し事件解決させるコメディ映画です。
それぞれの小説を読んでいないと面白くなりません。
ミス・マープル、サム・スペード、チャーリー・チャン以上3人はかろうじて読んだことがあります。
他2人は記憶にありません。
それぞれ付き人がいるので都合10人と邸の主人、盲目の執事、聾唖の料理人1名これらが登場人物です。
コメディなのにあまり笑えません。一度は見ておこうとしたのが間違いでした。

天使にラブ・ソングを2』(1993年、アメリカ映画)見2
1と同じメンバーで続編を作りました。今度は修道院ではなく荒れた閉校間際の高校です。
ここでも生徒たちの歌を指導して希望の未来を作っていきます。
でも一作目がヒットしたからと言って同じようなストーリーをまた創る意味があるのかどうか?
私は疑問を感じました。

名探偵再登場』(1978年、アメリカ映画)見1
カサブランカしか見ていないのでマルタの鷹の部分は判りませんでした。その二つの作品のパロディらしいです。
元の映画の方が遥かに面白いのでそのパロディは相当面白くなければ意味ありません。
そうはなっていないので別に見なくてもいいと思います。

いつものように「見たい度」(あくまでも個人の感想です)
見5(何度でも見たくなる)、見4(きっとまた見たくなる)
見3(一度で十分と思うが、暇があれば見るかもしれない)
見2(見なくてよかったかも)、見1(見たことが残念)

明日も晴れなので散歩出来そうです。

厚別鉄北橋辺りまで

晴れでも暑くはなし
今日も風があり涼しい散歩です。風が止むと汗ばむくらいの散歩日和です。

ガガイモの花が咲き出しました。蔓植物はみんなたくましいと思います。(本通17丁目北)
ガガイモ 本通17丁目北
この続きはこちら→

続きを読む

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。