FC2ブログ

雪の日の散歩

ちょっと降りました
でも交通量が多い道は直ぐになくなりそうです。

オンコの木に雪が。
オンコの実 本通16丁目北
この続きはこちら→

続きを読む

本通10丁目北

天気がくるくる変わります
晴れたり曇ったり、吹雪いたり。気温も余裕が無くなる0度前後でしょう。

そんな中いつもLUCYのダイソーで買ってたメモ帳が無くなったため、10丁目北のダイソーまで探しに行きました。
本通17丁目北 道
この続きはこちら→

続きを読む

厚別川方向

時々雪がどっと
雲の流れで時々吹雪のように入ってきてました。気温がプラスなので大して苦になりません。

だいいち公園の水飲み場が封鎖されました。いつからか不明です。
こもがけ 水飲み場
この続きはこちら→

続きを読む

ちょっと暖かい日

予報より少しいい天気
気温も上がり快適な散歩でした。

気温が上がり道の雪も溶けていました。(平和通南)
雪融け道 平和通り17丁目南
この続きはこちら→

続きを読む

60「最近見た映画」

今日は買い物だけ
天気は良かったのですが買い物助手です。映画の話を書きます。

小川町セレナーデ』(2014年、日本映画、119分)見4
オカマ役の安田さんがすごいとしか言いようがありません。
最初から最後まで隙を見せずオカマさんでした。
本物のオカマさんはつきあいがないのでイメージだけですが。
母とオカマのエンジェルさんは男女の関係が一度だけあり小夜子が生まれます。
母は川崎のとある街の一角で「スナック小夜子」を開き娘を育てます。
やがて娘も成長し独立しますがスナックは左前になります。
起死回生の策として流行っているオカマバーでの再起を図ります。
母とエンジェルと小夜子と従業員の総力戦です。
借金取りも含めてみんな良い奴らばかりです。
エンジェルが怖い顔のラーメン屋でラーメンを食べたとき、
レディースデーの割り引きしてもらう場面が一番好きです。

遠くの空に消えた』(2007年、日本映画、144分)見3
多分舞台は北海道。転校してきたリョウヘイは馬酔小学校に通う。
なぜかロシア語の授業がある。ロシア女子を使っているバーもある。
牧場にはケロヨンがいる。牛糞爆弾は多すぎてくどい。
知恵遅れ(今は知的障害)の人をからかう場面は辛い。
子供達は夜中に自由に動き回る事が出来る。
滑走路にあるスニーカーの痕が解せない。
取りたてて何も奇跡は起きない。
立場は違っても親子2代の友情を書きたかったのだと思いますが長くて焦点がぼやけています。

ハチミツとクローバー』(2006年、日本映画、116分)見3
羽海野チカさんの少女漫画の映画化です。漫画は読んでいません。
長く連載された作品なので映画はその一部を切り取ったものとなっているようです。
沢山人が出てくるのでよく解らなくなるのですが多分主人公は竹本、ヒロインははぐみ。
竹本ははぐみを一目で好きになってしまう。
でもはぐみは天才とも言える森田にひかれて行く。
美術大学は竹本のように平凡で勉強熱心な人物より破天荒で芸術性がある人間のほうが上。
他にも山田♀→マヤマ♂→リカ(設計事務所)の相関関係が描かれます。
漫画の入門編という映画で漫画を読んでいれば映画は必要ないような気もします。
竹本は緩衝材の役目。森田とはぐみは接触するとどちらかが壊れるように感じました。
そんな予感をさせる映画でした。

猫の恩返し』(2002年、日本映画、75分)見2
女子校生ハルは交通事故に遭いかけた猫を助けたため、猫の恩返しが降りかかります。
猫王と言えば西岸良平ですが、鎌倉に住んでいて妖怪達の王で部下の信頼も厚い猫です。
この映画の猫王はそれほどでもなく早とちりでハルを王子の嫁に迎えようとします。
でも王子には本当に好きな猫がいるという良くある話。
おとぎ話なのかコメディなのか何とか最後まで見ましたが。

レッド・ブロンクス』(1995年、香港映画)見2
雑貨屋をやってるおじさん夫婦は引退して店を譲る事にします。
新しいオーナーはエレインで改装して店を始めます。
その店で悪いグループが万引きなどをするのを目撃したクーンは撃退します。
これが始まりで彼らは暴走族グループだったため何度も襲われます。
その内もっと悪い奴を引き寄せてしまいます。
納得いかないストーリーで不満が残ります。
格闘技系はスカッとしてナンボのものだと思いますが残念です。

コク―ン2/遥かなる地球』(1988年、アメリカ映画)見2
コクーンの1で宇宙人の星へ行った老人達のうち何人かが帰ってきます。
目的は宇宙人が前回持ち帰らなかったコクーン(繭)を持ち帰るためです。
老人達にとっては早すぎる里帰りです。
特に大したことが起きるわけではないです。
最後の辺りは当たり前すぎる選択をしたとしか思えません。
こんな判断は最初の時にするべきでしょう。
コクーン1の違和感はこれでした。
新しい世界に旅立つのは年寄りではなく若い人の仕事です。

横たわる彼女』(2014年、日本映画、70分)見2
基本3人の映画です姉と妹と妹の恋人。
ただ普通と違うのは妹は死んでいること。
生きているとき姉と妹の恋人との間に浮気があったこと。
そして妹は自分が死んでいることに気づいていないこと。
姉と妹の恋人には亡くなった妹が見えること。
この設定だとどちらかに転がります。これは辛い方へ。

パパは女の人が好き』(2009年、韓国映画、113分)見3
男の子ユビンは本当のパパを捜しに出かけます。父の名はソン・ジヒョン。
訳あって今は女性のカメラマンになっています。
彼女に惚れているメイクアップ・アーティストの男も振り回されます。
干潟の鳥を撮りにいく場面が印象的。
トランスジェンダー(性同一性障害)を扱った映画です。

細雪』(1983年、日本映画、140分)見2
没落商家の最後の輝きを映画化したものです。
原作は言わずと知れた谷崎潤一郎の小説の映画化です。
三女の見合いで大騒ぎしている4姉妹とそのつれあいを描いています。。
4姉妹と美しい風景、綺麗なものだけで出来ている映画です。
ストーリーは他愛ないものに感じました。
その価値を見いだせない私が見てしまっただけです。

ポリス・ストーリー/レジェンド』(2013年、中国映画、111分)見3
刑事のジョンは娘のミャオからの呼び出しでナイトクラブに来ます。
その店で何者かに襲われ昏倒してしまいます。気づくと囚われていました。
他の客も人質となり経営者のウーは警察に対しある男を連れてくるように要求します。
それはある事件を再現するため関係者を一堂に集める計画でした。
フラッシュ・バックを多用し5年前の事件と結びつけています。
元工場だった店の造りがとても面白い舞台になっています。

いつものように「また見たい度」(あくまでも個人の感想です)
見5(何度でも見たくなる)、見4(きっとまた見たくなる)
見3(一度で十分と思うが、暇があれば見るかもしれない)
見2(見なくてよかったかも)、見1(見たことが損失かも)

おおむね外れの天気で晴れました。明日も雪と曇りの天気です。
気温が少し上がるようなので予報は当たるかもしれません。

よく冷えた月寒川

まだ冬は序の口?
今年は急速に冬になっております。月寒川を歩いてきました。

さすがにこれだけ寒いと氷も張ります。
月寒川 氷
この続きはこちら→

続きを読む

59「最近見た映画」

天気まあまあでしたが、よく冷えていました
少したまったので映画の話を書きます。

利休にたずねよ』(2013年、日本映画)見4
原作は山本兼一さんの小説で直木賞受賞作ですが読んでいません。
映画は切腹までのカウントダウンが何度も出てきます。
信長とは美しさに相通じるものがありますが、命を救ったはずの秀吉の不興を買います。
それからことある毎に問題が起きやがて切腹を頂戴することとなります。
利休も若い頃から大成していたわけではなく後半若いやんちゃな頃の利休が描かれます。
高麗王家の血筋の女とのエピソードが出てきて、木槿の花が印象的に使われています。

お葬式』(1984年、日本映画、124分)見3
この映画の葬式が今のお葬式とあまり変わらないのは、
この映画で日本中の葬式が普遍化されたためだと思うのですが。
どの葬儀会社も大ヒットしたこの映画を参考にして全国展開されたのではないでしょうか。
今とちょっと違うのは遺体を自宅に運ぶことはほとんどなくなりました。
霊柩車も宮型は流行らないようです。
昔白糠町を通ったとき赤い霊柩車を見たことが忘れられません。

デルタフォ―ス2』(1990年、アメリカ映画)見2
前作もそうでしたが今回も大物麻薬屋さんが相手です。
デルタフォースがフロリダ上空通過の飛行機に乗っている麻薬王を逮捕しパラシュート降下させます。
裁判になんか掛けるから無罪放免になり復讐されたり関係者が監禁されます。
結局麻薬王の地元で軍事工作をする羽目になります。

走れ自転車』(2008年、韓国映画、88分)見3
ハジョンは海になるのが夢の女子大生です。
古本屋の店員で自転車通勤の男スウクを好きになります。
どちらも人に言えないものを背負っています。
そんな二人が希望を掛けられるのが競馬馬のスノークイーンです。
馬体が小さく一度も勝っていないけれどいつも一所懸命走っている。
二人はいつしかこの馬にふさがれがちな未来を掛けていきます。

東京シェアリング~一戸建て、敷礼なし、賞金付き~』(2013年、日本映画、70分)見3
一戸建てを3組のカップルでシェアする物件。
敷金礼金不要で1ヶ月無事にカップルでいられたら1千万円の賞金がもらえます。
なぜか今まで成功したカップルはいません。
浮気でそれぞれが崩壊して行く話かと思えば事件発生しました。
それにしてもこんな事で成功例がないというのは変ですね。
失敗して一人で出ていく人が晴れやかなのは救いです。

ミニミニ大作戦』(2003年、アメリカ映画、111分)見4
6人のプロチームで強奪した金塊を裏切り者が横取り、他のメンバーを殺しに掛かります。
何とか逃れたのは4人、そのメンバーが裏切り者への制裁と金塊の再強奪を計画します。
計画立案者は死んだ男の娘がやはり表の商売が金庫の解錠の女を味方に引き入れます。
それにしてもアメリカのアニメみたいなタイトルは止めて欲しいです。
ミニクーパーはちゃんと使われていますが。

GONINサーガ』(2015年、日本映画、129分)見2
シリーズ3作目ですがこれが正規の続編だそうです。
GONIN2は題名が似ていますが違うようです。
全部見た感想は一作目が一番良かったと思います。
相変わらず計画が雑で結局ドンパチでの決着です。
沢山人は死にますが雑な感じで面白くありませんでした。

お引越し』(1993年、日本映画、124分)見2
自分の意志と言葉を持った子供が父と母の離婚を経験して成長して行く話です。
最初は両親の離婚が理解出来ていないただ行く家がもう1軒出来たと思っているようです。
一緒に住む母との約束が一方的に決められますが受け入れられません。
何で産んだのというおきまりの質問をするまでになります。
琵琶湖旅行で大きく変わり、自分が成長するのが一番の解決法と気づきます。
でも夜中にあちこちふらふらするのはダメだと思います。
それと子供に役割振りすぎだと思いました。

箱入り息子の恋』(2013年、日本映画、117分)見4
カエルを飼っていてカエルの小物が好きで彼女も恋も経験がない35歳のゲーム男です。
特別将来の希望もなく貯金だけが楽しみの息子を心配して親が見合いのお膳立てをします。
そんな男も雨傘を貸すところから恋が始まります。
ヒロインの夏帆さんは他の映画・ドラマと違ってはかなげで守ってあげたくなる気持ちが自然にわいてきます。
最後の辺りがはちゃめちゃでコメディになってしまいました。
でも牛丼並盛りで泣けたのは初めてです。
星野源さんは今シーズン「逃げるのは恥だが役に立つ」(通称:逃げ恥)に良く似た役で出ています。

瞬 またたき』(2010年、日本映画、110分)見3
千歳の樺平(千歳-支笏湖間?)のメンタルクリニックで治療を受けるイズミ。
彼と二人バイクで巻き込まれた事故の瞬間がどうしても思い出せません。
身近な人たちに聞いても教えてくれません。
同じクリニックに通う弁護士に強引に調べてもらいます。
事故を調べていくうちに記憶も取り戻して行きます。
それは死んだ恋人との愛を再確認する調査になります。
そしてもう一度立ち上がり歩いて行くための旅にもなります。
それにしても苗穂辺りから静内経由で事故現場の小樽に行くのはどうかしてます。

いつものように「また見たい度」(あくまでも個人の感想です)
見5(何度でも見たくなる)、見4(きっとまた見たくなる)
見3(一度で十分と思うが、暇があれば見るかもしれない)
見2(見なくてよかったかも)、見1(見たことが損失かも)

明日も雪の予報が出ています。札幌は降りますかどうか。

寒い一日

きんきんに冷えて、風も。
とてもとても寒い日でした。もう真冬と言っても良いかも知れません。
まだ秋の格好なので冬装備で真冬に歩く方が暖かい感じがします。

そんななか我がだいいち公園の水道は使えるようです。菰がけされているところも出てきました。
だいいち公園
この続きはこちら→

続きを読む

雪の日の散歩

湿った雪がわさわさと
ちょっと降りが強いときがありました。この時期は傘があると良いかもしれません。

大谷地第一ミニ公園のクワガタです。
クワガタ 大谷地第一ミニ公園
この続きはこちら→

続きを読む

月寒川の鳥

天気回復せず
曇りから歩いているうちに日差しがときどき出てきました。

今日は月寒川中心です。流れが弱いところには氷が張っていました。
氷 月寒川
この続きはこちら→

続きを読む

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。