FC2ブログ

年末年始休業の御案内

今日のブログ更新はお休みします。ご訪問もお休みします。

明日は状況によってはお休みします。


今年一年有難うございました

それではよいお年をお迎えください

            おまケロ

快晴の日、でも曇り始めて

天気が散歩中に
快晴で出かけたのに11時頃から曇り出しました。

旧白石亭脇の歩道通称れんが道、でも冬だとわかりません。
れんが道
この続きはこちら→

続きを読む

今日はシャンソンの日

吹雪模様で出かけませんでした
気温はともかく吹雪き模様で出かけるのは断念しました。今日は久しぶりの音楽ネタです。
今日はシャンソンの日だそうです。1990年銀巴里閉店の日なのだそうです。
シャンソンの曲を探すのは難しいのでシャンソンと入る曲そのものを探してみました。

狂った神話-ヌーベル・シャンソン 森尾由美『イノセント』
恋はシャンソン 篠原涼子「恋はシャンソン」
涙のシャンソン 柏原芳恵『ハロー・グッバイ』
涙のシャンソン日記 フランス・ギャル『グレイテスト・ヒッツ フランス・ギャル』
波止場シャンソン 角川博

港町シャンソン ザ・キャラクターズ
昔きいたシャンソン 岸洋子
夢見るシャンソン人形 麻丘めぐみ『ベストコレクション’76』
夢見るシャンソン人形 浅田美代子『赤い風船』
夢見るシャンソン人形 石野真子『ベスト・ヒット・アルバム』

夢見るシャンソン人形 小林麻美『落葉のメロディ』
夢見るシャンソン人形 中尾ミエ
夢見るシャンソン人形 弘田三枝子
夢見るシャンソン人形 フランス・ギャル『グレイテスト・ヒッツ フランス・ギャル』
夢見るシャンソン人形 南沙織『潮風のメロディ』

夢見るシャンソン人形 ミミ『かわいいシャトン』
ヨコハマ・シャンソン 榊原郁恵
私はシャンソン 麻丘めぐみ『白い部屋+5』
私はシャンソン(日本語) ダニエル・ビダル
全部で19曲見つかりました。一番の曲はやはり「夢見るシャンソン人形」でしょう。
この曲ほど他の歌手にカバーされている曲を知りません。ネットで探すととんでもない数がヒットします。
オリジナルはフランス・ギャルさんです。昔から思っていたのですがフランス小娘って変な芸名ですね。

銀巴里に出演された方として美輪明宏さん、岸洋子さん、金子由香利さん、そしてクロード野坂さん、
と有りましたのでこの方たちの曲を探してみました。(他、戸川昌子さん、クミコさん、長谷川きよしさん、省略)

愛の讃歌(日本語バージョン) 美輪明宏
サンジャンの恋人 美輪明宏
浜千鳥 美輪明宏
ボン・ボヤージ 美輪明宏
ヨイトマケの唄 美輪明宏
ラ・ボエーム 美輪明宏
老女優は去りゆく 美輪明宏
全部で7曲ありました。すぐる年の紅白で歌った「ヨイトマケの歌」はすごかったですね。

雨 岸洋子
希望 岸洋子
恋よまわれ 岸洋子
今宵あなたが聞く歌は 岸洋子
さよなら 岸洋子
昔きいたシャンソン 岸洋子
夜明けのうた 岸洋子
ラストダンスは私と(山形弁) 岸洋子
全部で8曲ありました。岸洋子さんと言えば「希望」ですね。「恋よまわれ」はカンツォーネの曲ですけど。山形の人です。

聞かせてよ愛の言葉を 金子由香利
小雨降る径 金子由香利
再会 金子由香利
こちらは3曲のみです。「再会」が好きです。

黒の舟唄 野坂昭如
クロード野坂さんは野坂昭如さんのことだそうです。1曲しかありませんが強烈な印象です。

明日は少し天気回復するようです。さてどこに出かけますか。

年賀状、神社

風はないけど気温が
えらく寒い日でした。太陽がたまにしか仕事をしないのは織り込み済みでしたが。
気温がしんどいくらい寒い、多分10度近くまで冷えてました。年賀状を出しに白石郵便局まで散歩です。

湯気が出ていません。そろそろ仕事じまいなのかも。
湯気なし 西山製麺
この続きはこちら→

続きを読む

JR貨物側道

ちょっと暗めの曇り
朝降っていた雪も上がり曇り空の散歩です。雪は相変わらず多く道が狭くなっています。
夏場なら大型車でも余裕ですれ違える道でも小型車と歩行者のすれ違いもためらう状況です。
2月まではこのままでしょうね。大きな道は排雪が進むのでしょうが。

青い実がたくさんなっていますが鳥は食べていないようです。誰が食べるの?
青い実 平和通17丁目南
この続きはこちら→

続きを読む

65「最近見た映画」

曇り、気温高い
オイル交換と修理代金の支払いで出かけました。散歩はなしなので映画の話を書きます。

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(2013年、アメリカ映画、115分)見3
離婚したばかりの息子がぼけ始めた父親とモンタナ州からネブラスカまでドライブするはなしです。
車がレガシィアウトバック・ターボ(日本にはない仕様?)が使われていました。
雑誌のくじに100万ドル当たったとして当選金を取りに行く途中叔父の家に寄ります。
叔父の家ではその賞金を当てにした親戚と喧嘩別れしてしまいます。
空き屋になった昔の家に寄ったり、住んでた当時のご近所さんにも会います。
帰りには車が変わったりします。父親のわがままを聞いてる息子が良い奴でした。

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」初回のみ正味56分、他9回は45分でした。見3
好きな医学系のドラマで解析診断部という新しい方向性だったので見てみました。
9回目と10回目は前後編になっています。
#1【手術をしない天才外科医!!原因不明の病を推理】初回は病院内の派閥争いが出てきます。
   天才脳外科医の橘は手術中にめまいに襲われるようになり、
   医者として引退を考えていたところ東光大学病院の北畠院長にスカウトされます。
#2【母想い水泳選手が謎の病!】周りの期待に応えようと不正に手を出した水泳選手を描きます。
#3【ハロウィ―ン集団発症事件簿】少女グループ内のいじめとアレルギー反応の話です。
#4【対決!女医と女将と大女将】家族の許可なく大女将を連れ出すのはやはり犯罪でしょう。
#5【頻発する脳梗塞の謎を発見】今回は謎の心臓病。
#6【医療ミス!?度重なる心不全】特発性心筋症拡張型?新田先生の過去の清算。
#7【治療するたびに悪化する病】幽霊が見える病気?V-B1欠乏症が大きく変化。
#8【人食いバクテリアに感染!?】人食いバクテリア(V.バルニフィカス)。岩倉部長が活躍。
#9【運命の小さな患者との再会】ピアニストの卵ひかりちゃんの脳手術。前編です。橘と関係ある。
[終]#10【天才外科医ついに復活】橘先生の脳動脈瘤を手術。もやもや病の患者ひかりちゃんは橘が執刀する。
最初の頃の派閥争いはすぐになりを潜めチームワークを協調する方向に行ったのは良かったと思いました。
でも無理な設定やストーリーをいくつか感じてしまい早い内から力が抜けてしまいました。

タ―ミネ―タ―2』(1991年、アメリカ映画)見5
定番の作品でとても面白いのですがこの放送はノーカット137分ですが放送は正味100分なので、
ちょっとカットが多すぎでした。液体金属タイプの新型ターミネーターが来襲します。
前回サラを襲った旧型が未来のジョンの命令でジョンとサラを守りに来る展開です。
サラはターミネーター技術の発見者ダイソンを暗殺に行きますが殺せません。
結局研究所に潜入、技術を破壊しようとしますが警察と新型ターミネーターが来ます。

レナードの朝』(1990年、アメリカ映画、121分)見3
医者が発表したレポートの映画化だそうです。実話。
入院していた患者20名にパーキンソン病向けの医薬品L-ドーパを投薬し覚醒させる話です。
精神科の医者として勤務を始めたセイヤー医師は理学療法などを試し成果を上げてきました。
ある日まだ医薬品として認められていないL-ドーパを使った治療を試みます。
投薬してみると今まで会話が成立しなかった患者と話が通じ知性も人格も形成されているのに気づきます。
特にレナードとの会話とその行動が詳しく描かれます。
私は「アルジャーノンに花束を」が直ぐに思い浮かびました。

黒い雨』(1989年、日本映画、123分)見5
井伏鱒二さんの同名の小説の映画化です。
広島の原爆で直接被曝しなかったヤスコはその後黒い雨に当たります。
主に閑間(しずま)夫婦と同居している姪のヤスコを中心に近隣の人たちの話が描かれます。
原爆そのものの被害もありますが、周りの人たちが少しずつ倒れて行く様子を淡々と描いています。
少しずつ静かに忍び寄るという恐怖が伝わってきます。
何度もお見合いを断られてきたヤスコが初めてユウイチくんとお付き合いを始めたところで発症します。
ヤスコが倒れて病院に運ばれてゆくとき黒い虹ではなく五色の虹がたてば治るといってますが、
この映画白黒上映なのではなっから無理だったと言うことでしょうか?
戦争がどれだけ深い傷跡を残すものか。余韻を残して映画は終わります。
今まで見ていなくて申し訳なく思った映画でした。

アポロ13』(1995年、アメリカ映画)見4
ドキュメンタリーでアポロ13号の事故の話を見ました。実話の映画化です。
今回はカット版なので残念ですが雰囲気はでていると思います。
13号に乗るクルーはアポロ14号予定からの繰り上げメンバーです。
その中でも操縦士が風疹の免疫がないことが解り発症する危険から更にメンバーが交代します。
トラブル始まりはエンジンの不調からでした。
ドミノ倒しのように危機が次々と襲ってきて、
それをクルーと管制室、製造メーカー、予備スタッフなどが時間制限のある中対応策を考え出してゆきます。
宇宙飛行士とは命を掛ける覚悟と持てる能力を限界まで使える人たちなのですね。

イーグル・アイ』(2008年、アメリカ映画、118分)見3
政府の仕事をしていた双子の兄弟イーサンを亡くします。
双子の片割れの平凡な生活を送っていたジェリーにある日謎の女アリアから電話が掛かってきます。
それからは綱渡りのようなアクションが続きます。
同じ境遇の女と一緒にわからないながらも指示通りに動き回ります。
イーグル・アイってカミオカンデに見えて仕方がありませんでした。

帰らざる河』(1954年、アメリカ映画、91分)見3
マットは酒場で歌を歌い稼いでいるケイのところに息子マークが預けられていたので引き取りに来ます。
マットはマークと二人で新しく開拓した土地で農場を開くため働いています。
そこに筏で川下りをしている二人を見つけ助けます。
筏に乗っていたのはケイとその彼氏でばくち打ちのハリーでした。
ハリーはいかさま博打で手に入れた金鉱を町で登録するため急いでいて、
マットを縛り馬を奪って逐電します。ケイは付いていきません。
時間をおかず原住民に襲われたためマットとマークとケイは筏で川を下っていきます。
ロードムービーと言えなくもないですが激流を渡るシーンは合成でした。
ケイの決意がハイヒールで表されます。

逃げるは恥だが役に立つ」結婚を会社として見るというのは斬新な発想で目からウロコでした。
リアルタイム視聴は無理なのでタイムシフト再生で見てました。後半はNetとビデオで見てました。
初回と第10話、最終回が正味58分、その他が44分でした。
原作は海野つなみさんの漫画です。見5。
第1話【プロの独身男と秘密の契約結婚】情熱大陸風。脳天気な親。仕事ばりばりの伯母。プロの独身。事実婚。
第2話【契約結婚!波乱の両家顔合わせ】面白くなる予感。契約結婚を見破られるのか?
第3話【一番好きです!契約妻突然の告白】ビフォーアフター風。雇用関係で結ばれている変な二人。恋愛感情が?
第4話【私、恋人を作ろうと思います!】エダマメが飛んだ。学生時代のみくりさんが。恋愛に進むのか?
第5話【ハグの日、始めました!】選挙演説になってる。かけ声がエイ!のハグがぎこちない。笑えるのに泣ける。
第6話【温泉旅行にまつわるエトセトラ】林先生。カメラのシャツ。ゴージャスな部屋に変わる。とぐろターボ。
    気持ちのすりあわせが必要。キスをするとは大胆なヒラマサ、従業員にセクハラでは?でも応援するよ。
第7話【あのキスのあとさき】キスの慰謝料?気持ちのすりあわせを。誕生日プレゼントが賞与になる?
第8話【離婚と実家と運命の相手】職場放棄で館山の実家へ。気持ちの因数分解、素因数分解と突っ込みが入る。
第9話【あの人に好きだよと言われる3日前】季語がない。主婦は無職じゃない。めんどくさい雇用関係は終わり?。
    百合ちゃんえらいし可愛い。私ばかりが好きなるのは。初嫉妬。気持ちの摺り合わせ。
第10話【恋愛レボリュ―ション2016】いちゃいちゃが志し半ばで挫折。とぐろターボが。デート待ち合わせ。
    プロポーズが好きの搾取。ドアの外で百合さんかわいい。
[終]第11話【夫婦を超えてゆけ】最高共同経営責任者(COO,CEO)会議(協議)。
     ダークマター。神社の境内青空市で大団円。
評判の恋ダンスは踊れそうだし踊りたくなりました。じっと見ているのは難しそうです。
ダンスは全国的に広がり羽生結弦さんだったり、アメリカ大使館のダンスも流れてきました。
TBS系列のドラマですが、放送後他局の系列局でこの曲に合わせてすごく楽しそうに踊っているのを見て、
愛されていたダンスでありドラマだったのだと感じました。
他、沼田さん、日野さん、やっさん、風見さんが印象に残りました。

アクシデンタル・スパイ』(2001年、香港映画、108分)見3
バックは孤児院育ちで親は不明です。香港でスポーツ用品の店員をしています。
ある日いつもと違う雰囲気に銀行強盗を予測し防いだため一躍有名人になります。
日を置かず探偵が来て韓国の富豪が遺産相続人を捜しているとして孤児を5人紹介していると言います。
バックは相続人としての試験を受けに韓国へ更にイスタンブールへ行きます。
相続人のゲームでトルコの銀行で謎を解いていきます。
だがしかし負の遺産である炭疽菌2も相続している事に気づきました。

いつものように「また見たい度」(あくまでも個人の感想です)
見5(何度でも見たくなる)、見4(きっとまた見たくなる)
見3(一度で十分と思うが、暇があれば見るかもしれない)
見2(見なくてよかったかも)、見1(見たことが損失かも)

明日はあまり天気は期待出来ないようです。

暁サイクリング橋、他

今日も気持ちのいい晴れ
ここロードまで行ってみました。

歩道の除雪、本通16丁目南JICA札幌前辺りです。すっかり狭くなりました。車道はもっと大変です。
歩道 12号線JICA札幌前
この続きはこちら→

続きを読む

晴れ、除雪の日

ようやく晴れました
少し風もあり気温も低めでしたがOKです。

まだ歩道の除雪が出来ていないところもありますがいっぱい降ったからね~。
歩道がない 平和通16丁目南
この続きはこちら→

続きを読む

64「最近見た映画」

一日中、風と雪
今年は荒れると長く続きます。じっとしているしかないようです。今日は映画の話を書きます。

笑う警官』(2009年、日本映画、122分)見2
直木賞作家佐々木譲さんの同名小説の映画化です。原作は素晴らしいものでした。
小説の続編が作られたのも宜なるかなです。でも映画は見なくても大丈夫です。
映画は前半は少しの違い(アジトのBarが狸小路→映画は薄野)がありますがいい感じです。
小説を知らない方でしたら少し古い映画だと思えば見られるでしょう。
原作は現場警察官が汚職とは無縁で熱い心で日々の業務をやっているということ。
一旦事があると集結して不正をただしていく者たちが居ること。
そんなことが伝われば映画としては成功だったと思います。
でもよくわからないスタイルに拘泥してそういう心を表現出来なかったように思います。
前半は何とかついていけました。
後半はBarのマスターが違う仕事を始めちゃうところからダメでした。
テレビドラマにもなっていますがそちらは見る影もありません。
佐々木譲さんの小説をちゃんと映画化する人が欲しいものです。

黒い罠』(1958年、アメリカ映画、96分)見2
アメリカ-メキシコ国境にまたがる街の警察と捜査を描いた映画です。
その街で男女の乗った車がダイナマイトによる爆発で殺害されます。
新婚旅行でこの街を訪れているメキシコの麻薬捜査官ヴァルガスと、
街の腕利き捜査官のクインランが早速捜査に乗り出してきます。
捜査が進むにつれてヴァルガスの妻に対する嫌がらせがエスカレートしてきます。
そしてクインランの捜査と称するものが暴かれて行きます。
私には面白いとは思えなかった映画です。

やじきた道中てれすこ』(2007年、日本映画)見2
弥次、喜多と女郎のおきのさんの三人が旅に出る話です。
関西でてれすこと呼ばれる魚が揚がり万病に効くといううわさが聞こえてきます。
弥次さんは薹が少し立ってきた人気花魁のおきのに頼まれ足抜けを手伝い旅に出ます。
おきのの父の病気を治したいという気持ちにほだされたためです。
酒乱の歌舞伎役者喜多さんの自殺未遂は失敗に終わり江戸にいられなくなりこちらも旅に出ます。
途中の狸賽(たぬさい)は落語ですよね。
最後が少し良いかも。

マラソンマン』(1976年、アメリカ映画、125分)見2
ダスティン・ホフマンが主人公でスポ根ものはあり得ないと思いました。
歴史学の教授だった父の冤罪を晴らしたいと思っているベーブ。
それとは別に憧れのアベベと同じマラソンの練習に打ち込んでいます。
役には立ちますが悪人から逃げるという後ろ向きの成果です。
ナチ党員の残党がのうのうと生きていて暗躍している話です。
ゼル(白い天使)という名のナチの殺人鬼が出てきます。
裏切り者が多く楽しくない映画です。

愛の選択』(1991年、アメリカ映画)見2
白血病の金持ちの若い男ヴィクター。スタイルはいいが看護師の資格のない女ヒラリー。
就職し週一回の投薬とその副作用の面倒を見ます。給料週400ドル。
大変な仕事だと思い止めようとしますが踏みとどまります。
そんな日々のあと治療が終わったとして一緒に貸し別荘に来て欲しいと言われます。
一緒に楽しく暮らし始めたはずでしたが、・・・。
この手の映画はまたかとい感じだし、感情移入はしずらいし、困った映画でした。

ブル―サンダー』(1983年、アメリカ映画)見2
ロサンゼルス警察のベテランヘリコプター乗りのマーフィが主人公です。
軍とカリフォルニア州で共同開発した高性能ヘリコプター(ブルーサンダー)が市警察に配備されます。
試験飛行でマーフィと相棒は、
ブルーサンダーを使ってオリンピックの障害になりそうな相手を抹殺する計画を知ってしまいます。
証拠をビデオテープに収め隠しますが陰謀を企てる者たちが全力で奪いに掛かります。
奥さんは運転が大胆な人でした。

大鹿村騒動記』(2011年、日本映画、93分)見2
大鹿村で鹿肉料理をやっている善の元に18年前に駆け落ちした妻が戻ってきます。
一緒に逃げた治も戻り、妻貴子が少しおかしくなったので返すと言います。
しょうがないので三人一緒に暮らしますがやはり貴子は変です。
ただなぜか歌舞伎の台詞だけは覚えていてきちんとしゃべる事が出来ます。
大鹿村歌舞伎の本番の日役者兼バス運転手が土砂崩れに巻き込まれ怪我で入院します。
貴子は代役を問題なく果たします。歌舞伎を映画化したかったようです。

タイタンの逆襲』(2012年、アメリカ映画、99分)見4
『タイタンの戦い』の続編です。
ある日ペルセウスの元にゼウスが現れ神々の力がなくなった今地獄の壁が崩れ世界が滅びると告げます。
ペルセウスは聞く耳を持たずイオの忘れ形見と静かに暮らす道を選びます。
でも直ぐにゼウスの言うとおり先触れとして怪物キメラが村を襲撃してきます。
村が崩壊したためゼウスを助けるため冥府へ侵入を試みます。
メンバーはポセイドンの息子アゲノール、鍛冶屋のヘパイトス、女性剣士アンドロメダです。
ゼウスの子供アレスが敵対してきます。そしてクロノスが甦ろうとします。
なるほどCGはこうして使うのだと思いました。

シノーラ』(1972年、アメリカ映画、88分)見2
西部に鉄道が敷かれだした頃、法律が一緒に西部に流れてきて支配を始めます。
しかしその頃はまだ力の世界で正しく法律が適用されてはなかったようです。
ジョーは大地主ハーランによるチャマ追跡に加わりますあまりのひどさに愛想を尽かし裏切ります。
そしてチャマに対して自首して裁判で戦えと言い一緒にシノーラの町に戻ります。
しかしそこにはハーラン一味が待ち受けていました。

神さまの言うとおり』(2014年、日本映画、118分)見2
思いつきだけの映画でした。何の教訓も残してくれません。
子供遊びを殺人ゲームにして何が面白いのか疑問です。
「達磨さんが転んだ」、「猫の首に鈴」、「かごめかごめ」、
「シロクマ(うそつきは誰だ)」、「マトリョーシカ(缶蹴り)」、「くじびき」。
一回は間違って見ましたが、もう見なくても元気で生きていけます。

いつものように「また見たい度」(あくまでも個人の感想です)
見5(何度でも見たくなる)、見4(きっとまた見たくなる)
見3(一度で十分と思うが、暇があれば見るかもしれない)
見2(見なくてよかったかも)、見1(見たことが損失かも)

明日は天気回復するようです。

ここロード、他

曇りで出かけ、帰りは雪
そのまま今も雪が降っています。この前の積雪くらいになりそうな勢いです。

12号線歩道が溶けてます。雪が積もると?
溶けた歩道 12号線
この続きはこちら→

続きを読む

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。