FC2ブログ

陽だまりロードを少し

天気は良いけど足下が
少し距離を歩こうと陽だまりロードへ行ってみましたが、昨日の雪がまだまだ残っていて途中で断念しました。

だいいち公園の旗が何故か雪に引っ張られていました。
だいいち公園の旗
この続きはこちら→

続きを読む

絵画の曲 特集

雨が強く降りました
予報より遥かに悪い天気です。雪はあまり溶けたように見えません。
今日はあのゴッホが生まれた日だそうです。と言うわけで「絵」「画」と入る曲を集めてみました。
まずは「絵」です。

一枚の絵 桜田淳子
一枚の絵(Live) 西島三重子『記憶の時間』
浮世絵の街 内田あかり『浮世絵の街』
うつし絵 新垣結衣
海の絵葉書 斉藤由貴『ガラスの鼓動』

絵 真心ブラザーズ+奥田民生
絵空事 岩崎宏美
絵にかいた様なTrue Love 松田樹利亜『Julia Ⅲ』
絵日記 チェリッシュ『チェリッシュ スーパー・デラックス』
絵日記 村下孝蔵

絵葉書 佐藤美樹『Private Colous』
絵はがき 岡崎友紀『岡崎友紀 ベスト30』A
絵葉書 ジュディ・オング『GOLDEN☆BEST ジュディ・オング Sony Music Years1973~1983』
絵はがき かとうれい子
絵はがき坂 さだまさし『帰去来』

絵葉書のP.S 佐野量子『エスプレッシヴォ』
絵はがきの町 谷山浩子
絵日がさ CBSソニー児童合唱団
絵日傘 河村順子
絵筆のひと 内田あかり『浮世絵の街』

絵本の中で クローディーヌ・ロンジェ
想い出絵巻 あほうどり
オレンジ色の絵葉書 富田靖子『みつめてください。』
影絵の街 尾崎亜美『SHADY』
影絵町 高田みずえ『ドリーム・オン・ドリーム』

風の絵葉書 鷲尾いさ子『彼女の風/20才のデリカシー』
消えない絵 真心ブラザーズ
恋絵本 石野真子『MAKOⅡ』
心絵 ロードオブメジャー
心の絵本 See-Saw『I HAVE A DREAM』

心のぬり絵 かないみか『おもちゃ箱』
コバルトの絵葉書 小幡洋子『PEARL ISLAND』
影絵 岩崎宏美
スペインの絵の中で ヤン・スギョン『愛されてセレナーデ』
セザンヌの絵 高見知佳『ペーパー・ムーンに腰かけて』

セザンヌの絵(Live) 西島三重子『BEST LIVE』
千絵 相曽晴日
天使の絵の具 飯島真理
展覧会の絵 増田未亜『Boys & Girls』
展覧会の絵からプロムナード 冨田勲

長渕剛のドラえもん絵描き歌【生】 ポカスカジャン
似顔絵 高田みずえ『愛をあたためて』
初恋の絵日記 ずうとるび
パリの絵ハガキ 浅田美代子
二人の絵日記 ノン・ノン『つるべ落し』

不透明水彩絵具 See-Saw『I HAVE A DREAM』
文五捕物絵図 冨田勲
水色の絵の具 岡田奈々『奈々のひとりごと』
水絵具 桜井智『ACTRESS Ⅱ』
見つけた絵本 かないみか『おもちゃ箱』
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」 ズービン・メータ(CD)ニューヨーク・ファイルハーモニー交響楽団

全部で51曲見つかりました。ちょっと知られている曲と思われるものを色付けて見ました。
続いては「画」の曲です。

雨の庭(版画・3) 富田勲『月の光』(ドビッシー)
いつか見た映画 野田幹子『蒼空の一滴』
映画色の雨 南野陽子『ジェラート』
映画が終わって ポール・フリン
映画的恋愛 西野妙子「246 Heartbreakers」

映画に行こう 円谷優子『19,20』
映画のあとで 麻丘めぐみ『麻丘めぐみBOX72-77シングル・コレクション』
映画を観よう Toko Furuuchi
カーメルの画廊にて 薬師丸ひろ子『古今集』
ガラス越しの水彩画 結城めぐみ『REAL NUTMEG』

九月の水彩画 増田未亜『PURE』
恋のシャロック(映画用ヴァージョン) 中尾ミエ
心の水彩画 高橋リナ『Je vis』
自画像 門あさ美
週末の名画座 高井麻巳子『私のままで・・・』

首都移転計画 チームしゃちほこ
水彩画 水越けいこ『HEART』
水彩画 相曽晴日
水彩画の頃 富田靖子『思春期・前期』
立ち止まった素描画 さだまさし

天使の描いた風景画 花島優子「あなただけchenge me」
ないしょで浪漫映画 新田恵利『ritardand』
ひとときの水彩画 中村由真『Splash』
風景画 中山恵美子『スケッチブック』
ふたりぶんの背景画 河合その子『Dancin’In The Light』

フレスコ画の少女 高岡早紀『Romancero』
名画座 研ナオコ
名画座 佐藤隆

こちらは28曲ありました。あまり知られている曲がないようです。私が知らないだけでしょうが。ではまた。

明日は天気回復の予報が出ています。大丈夫ですかね。

冬と春の綱引き

時々冷たい風
天気も晴れたり曇ったり。

なんの写真家判りますか?桂公園の水飲みです。まだ雪がたくさんあるのでコモがかかっています。
水飲み 桂公園
この続きはこちら→

続きを読む

環状夢の橋

午前中は天気持ちました
午後からは下り坂です。

ガリバーさんのロードヒーティング工事も中程です。
ロードヒーティング工事 ガリバー
この続きはこちら→

続きを読む

なにげに北都公園

今日も予報通り良い天気
気温も暖かくこういう日は散歩がうれしくなります。

桂公園ではツグミが1羽であちこち歩いていました。ピントは合ってません。
ツグミ 桂公園
この続きはこちら→

続きを読む

厚別川左岸の様子

予報通りの良い天気
虹の橋から厚別川の状況を探りに行ってきました。
毎年の事ながらこの時期(冬シーズン)の厚別川左岸は厚別橋から厚別鉄北橋まで通行不能です。
それでも昨年は雪が少なかったため比較的早く通ることが出来ました。
今年は期待せずに様子を見に行ってみることにします。

遠回りで白石土木センターです。敷地をほとんど使って雪を広げていました。今日は日曜日なのでOKです。
白石区土木センター
この続きはこちら→

続きを読む

79「最近見た映画」3月14日~19日

ちょっと悪い天気
午前中は雪、吹雪と落ち着かず、散歩を止めて映画の話を書くことにしました。

ブレ―キ・ダウン』(1997年、アメリカ映画)見2
引っ越し先へ新車でのドライブを楽しんでいた夫婦が巻き込まれた災難の話です。
夫婦でドライブ中、車が故障します。圏外のため携帯電話は通じません。
道脇であれこれやってもうまくいかないのでトラックを止めて近くのドライブインから修理を呼ぼうとします。
男は残り妻だけがトラックに同乗させてもらいます。
少し経って故障の原因がわかりすぐにドライブインに行きますが妻は見あたりません。
別のトラックに乗っていったという話を聞き探し回ります。
アメリカのこういう話は良く映画の題材になっています。良くあることなのでしょうか?
こんな人口希薄な辺地では別な法律がまかり通っている気がします。
好きになれない映画でした。

あの子を探して』(1999年、中国映画、106分)見4
みんなそれぞれ一所懸命に生きているのが垣間見える映画です。
村の学校のカオ先生の母が病気のため一時故郷に帰ることになります。
先生が居なくなると生徒たちが学校に来なくなるので村長と話して代用教員を採用することにします。
教員と言うより生徒が居なくならないように見張りの役目でした。
ようやく来たのが近くの村の13歳のミンジちゃんでした。
一抹の不安を抱えながらもカオ先生は出発します。
でもミンジが出来るのは字を書くこと踊りや唄が出来ることでした。
とりあえず黒板に文章を書き生徒に写させる事から始めますがうまくいきません。
その内に悪戯好きのホエクーが学校に出てこなくなります。
カオ先生との約束で生徒が減るとバイト料が減るので生徒たちにどうしたのか聞きます。
大きな町に働きに出たと言うのが解りミンジが連れ戻しに町に行きます。
ストーリーは結構強引な感じがしますがそんな事はこの映画に求めていないようです。
黒板に書く漢字は日本の漢字と同じで意味がわかるというのが当たり前のようで不思議でした。

60セカンズ』(2000年、アメリカ映画、117分)見3
プロの車泥棒だったメンフィスは足を洗って田舎に引っ込み静かな生活を送っていました。
そこに彼の弟と仲間達が同じ商売をやって失敗したことが伝えられます。
依頼主のカリートリーに会いに行くと弟の尻ぬぐいをしないと弟を殺すと言われます。
仕方がないので仕事を請け負い昔のチームを集めます。
メンバーが集まらず足りないところで、弟とそのチームも助力を申し出ます。
高級車50台を一晩で盗むというミッションが始まります。

イン・ザ・ヒーロー』(2014年、日本映画、124分)見3
裏も表もヒーロー気質の男が生きるスーツアクターの世界です。
スーツアクターとは仮面ライダーなどの着ぐるみ?で演じる人のことだそうです。
最初はアイドル系の一ノ瀬がスーツアクターの世界の案内人をしてくれます。
その後ハリウッドが絡んできて話が大きくなります。
ヒーロー物は見ないのですがその内側の世界はリアルでとても興味深いものでした。
結局特殊な世界を描いているようですが実は夫婦愛家族愛を描きたかったようです。

五福星』(1984年、香港映画、100分)見2
コメディ映画です。刑務所で知り合った元詐欺師5人の男たちが出所してそのまま5人で清掃会社を立ち上げます。
大物マフィアの邸宅の清掃してると知らないアタッシュケースのありかを聞かれます。
その後善悪入り乱れてアクション、コメディが展開されます。
美人の妹が出てきます。ジャッキー・チェンも出てきますが主役ではありません。

チョルラの詩』(2010年、日本・韓国映画、102分)見4
1987年の韓国潮の満ち引きで行ける道が水没するチョルラ島が舞台です。
在日の幸久(韓国名;ヒョンス)の爺さんが亡くなり母親の代わりに葬式に出るため島に行きます。
伯母の家に葬式の後も引き留められのんびりします。
従兄弟のカンスに詩を教えてくれと言われ教えます。
カンスを通じてカンスの思い人ソンエとも3人でデートを重ねます。
ソンエは歌手を目指しソウルでがんばっていてそろそろ帰らねばと言うところ。
ある日ヒョンスとソンエが本土のライブに行って予定より遅くなり島に帰れなくなります。
静かな映画だったのがこの辺りから騒がしくなります。
労働争議、オリンピック、高速道路工事その頃のキーワードです。
大事な舞台であるはずのトンネル工事現場が残念な出来でした。
でもこの島で撮りたいと思った気持ちは良く解りました。

フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994年、アメリカ映画、142分)見4
フォレスト・ガンプはバス停のベンチで隣の人に自分の半生を話しています。
母親の薫陶よろしく出会った人間を味方に変えて来た男の物語です。
知恵遅れで普通の学校に行けなかったはずが母のがんばりで普通学校に入学。
そのときジェニーとは運命の出会いでした。
軍隊に入りエビ漁師だった黒人バッバと知り合います。ダン小隊長ともこれも運命の出会い。
バッバとの約束でエビ採り漁師になります。
経済的に満ち足りるとジェニーだけが足りない。
プロポーズしますが彼女は出ていきます。
ここから現在に戻りジェニーに会いに行きます。
そしてフォレストJr.・ガンプは学校へ行きます。

スピ―シ―ズ/種の起源』(1995年、アメリカ映画)見2
研究所は宇宙人からもたらされたDNA情報に基づき、
人間の遺伝子とつなぎ合わせたキメラ生命体を育てていました。
しかし研究所所長はその成長の早さからコントロールが効かないため危険だとして処分を決めます。
毒ガスを流し殺そうとしますが失敗し実験体シルは脱走します。
女性体なのであと少しで繁殖し始めると世界中がその成長の早さから、
瞬く間に汚染されてしまう恐れがあるのため追跡隊を結成します。
最初は面白いのですが何だか残念になって行きます。
追跡隊が真面目に仕事をしているように見えません。
シルは男だったら誰でもよいと最初思っていたはずですがえり好みがでたようです。
と言うわけで幸いなことになかなか繁殖に進みません。

ソルジャー』(1998年、アメリカ映画)見3
生まれたときから戦士ソルジャーとして育てられたトッド3465たちは実戦で活躍しています。
そこに大佐率いるDNAから設計された新ソルジャーたちが来て戦士としてはお払い箱になります。
痛めつけられ死んだと思われたトッド3465たちはゴミ惑星アルカディア234に捨てられます。
アルカディア234にはそれまでに難破船が不時着していて乗員たちはコロニーを作って暮らしていました。
助けられたトッド3465は少しずつ馴染んで行きます。
ある日ニューソルジャーたちが訓練としてアルカディア234に襲いかかってきます。
まあ普通のSF映画です。トッドはもう少ししゃべっても良いのではと思いました。

ゲ―ム・オブ・デス』(2010年、アメリカ映画)見3
教会にマーカスという男が寄付に来ます。金額が大きいのでどういう事か聞かせてくれと神父が言います。
そこからマーカスの過酷な話が始まります。
マーカスはCIA工作員で潜入調査でボスの懐刀としてボディガードを演じています。
ある日襲われ病院に逃亡しますが追ってきたのは同じCIAの仲間達でした。
彼らは働きの割に報酬が少ないとしてボスたちから金を奪おうとしていることが判ります。
自分の敬愛するCIAの尊敬する人も殺されているのがわかったため敵対して行きます。

いつものように「また見たい度」(あくまでも個人の感想です)
見5(何度でも見たくなる)、見4(きっとまた見たくなる)
見3(一度で十分と思うが、暇があれば見るかもしれない)
見2(見なくてよかったかも)、見1(見たことが損失かも)

明日は少し良くなる予報が出ています。気温も上がるそうです。

雪の戻った日

二日で35cm
この時期としては記録的だそうです。札幌は最後まで雪に勝てません。
でも天に向かって唾を吐くのは無駄な行為の象徴です。天意の為すがままです。

本通北の雪のある路地、幸いなことに気温が高めで交通量があればすぐに溶けそうです。
本通17丁目北
この続きはこちら→

続きを読む

黒い曲 特集

一日ほぼ雪
気温はさほどではないものの風がありちょっとした吹雪模様です。
出かけず音楽特集をします。今日は黒澤明監督の誕生日だそうです。と言うわけで黒い曲特集です。

赤と黒 岩崎良美『Ring-a-Ding』
赤と黒 和田加奈子『dear』
赤と黒のブルース 鶴田浩二
赤と黒のブルース 鳥羽一郎
哀しみの黒い瞳 郷ひろみ『THE GREATEST HITS OF HIROMI GO』

黒い犬 王様「鉛の飛行船伝説」
黒い海 グラシェラ・スサーナ『愛の詩を今あなたに/スサーナ』
黒い落葉 水原弘『青春歌年鑑’60』
黒いオルフェ 東京パフォーマンス・ドール『Cha-DANCE PARTY Vol.1』
黒いオルフェ フランク・プールセル・グランド・オーケストラ

黒いオルフェ フリオ・イグレシアス
黒いカバン(’91NEW VERSION) 泉谷しげる『泉谷しげる ベスト盤』
黒い髪に花びら シモンズ『恋人もいないのに』
黒い傷痕のブルース 小林旭
黒い雫 Superfly

黒いショール テレサ・テン『永遠の歌声~テレサ・テンVOL.1』
黒いスーツ 三輪車
黒い鳥 浅香唯『STAY』
黒いドレス 水越けい子『VIBRATION』
黒いパイプ 二葉あき子、近江俊郎

黒い花びら 水原弘
黒いパンプス 麻倉未稀
黒い美術館 美尾洋乃『クロエ』
黒い瞳 アルフレッド・ハウゼ『碧空~アルフレッド・ハウゼ・ベスト・セレクション』
黒い瞳 栗田ひろみ『太陽と海とオレンジ』

黒い瞳 坂上とし恵
黒い瞳 ザ・サウンズ『哀愁のギター・サウンズ・カスタム20』
黒い瞳 ダーク・ダックス
黒い瞳 浜田朱里『瞳・センチメンタル』
黒い瞳 フランキー堺とシティ・スリッカーズ

黒い瞳 マランド楽団
黒い瞳のナタリー フリオ・イグレシアス
黒い服の日 酒井法子『素顔 ノーメイク』
黒い部屋 木村恵子『M』
黒い帽子 桜井智『12の旋律』

黒いマニキュア 木村恵子『STyLE』
黒いワシ ポール・モーリア
黒髪 神野美伽
黒髪しぐれ 鏡五郎
黒髪にアマリリス 河合奈保子『JAPAN as waterscapes』

黒髪のビーナス 彩恵津子『In Bloom』
黒く塗れ エンジェルス『東京天使』
黒くぬれ! ローリング・ストーンズ
黒潮列車 新沼謙治
黒田ブギー 神野美伽

黒猫~Adult Black Cat~ Acid Black Cherry
黒ネコのタンゴ ヴィンチェンツァ・パストレッリ
黒ネコのタンゴ 皆川おさむ+ひばり児童合唱団
黒の運命 吉田古奈美01A01『メルヴェイユ』
黒のオートバイ 多岐川裕美

黒のクレール 大貫妙子
黒のクレール 原真祐美『ベール・クレール』
黒のドレス 児島未散『ジプシー』
黒の舟唄 野坂昭如
黒の舟唄 長谷川きよし

黒の舟唄 吉幾三
ジャングル黒べえの歌 大杉久美子、肝付兼太
絶滅黒髪少女 NMB48
秘密結社~金曜日の黒ミサ 宮村優子07A06『大四喜』
マンボ黒馬 ペレス・プラード楽団『ベスト・カプセルVol.1』
ルビーの瞳の黒猫 笠原弘子『CAFE PARADISE』
ロック黒田節 平尾昌章

全部で62曲見つかりました。知られている曲は「黒い花びら」水原弘。
「赤と黒」岩崎良美、「黒い瞳」はロシア民謡のアレンジとアイドル系の全く違う曲も混じってます。
「黒いオルフェ」は映画音楽から、「黒の舟唄」野坂昭如。
黒ネコのタンゴは上の行がイタリアの原曲、日本では皆川おさむさんが歌ってました。
「黒のクレール」大貫妙子、黒くぬれ!はもちろんローリング・ストーンズの名曲です。
「黒いカバン」泉谷しげる、は笑えます。「黒い犬」王様、レッド・ツェッペリンの名曲の直訳ロックです。

明日は少し回復するそうです。

虹の橋まで

天気いまいち
おおむね曇り、たまに晴れでしたが長続きしません。

渡辺果樹園さんの倉庫。煉瓦で風情があります。
渡辺果樹園
この続きはこちら→

続きを読む

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。