FC2ブログ

怪しい天気の下

何とか曇りのまま
天気は持ちました。風が終始吹いていました。寒くは無い気温でした。

月寒川右岸で靴下発見。資源のために持って帰って洗濯してくれと思いました。
靴下 月寒川右岸
この続きはこちら→

続きを読む

84「最近見た映画」4月17日~24日

今日は映画の話です
天気はまずまずでしたが散歩に出かけなかったので映画の話を書きます。
映画も1年を過ぎる頃から見たことがある映画の比率が上がってきました。
石の上にも三年と言いますがこつこつやってくると違う景色があるものです。
文章は残念な出来ですが自分が映画を見てこんなストーリーだったと思い出せるように書いています。
見4以上は再放送されるとつい見てしまう物が多いようです。そういうことでは自分には役に立っているようです。
映画の写真も入れておくと思い出しやすいのですがブログに使うと著作権の問題がありそうです。
と言うわけで味気ない文章だけでNo.84です。

バトルフロント』(2013年、アメリカ映画、100分)見3
 ブローカーは麻薬潜入捜査官だったのですが幼い子を残し妻を亡くしたため
現役を引退田舎町で娘と二人暮らしています。
ある日子供の喧嘩に両方の親が巻き込まれ喧嘩別れをしてしまいます。
相手方の母親が兄のゲイターに復讐を依頼します。
ゲイターの表向きの顔はボートの修理工場経営ですが裏の顔は麻薬の製造販売です。
ある日ゲイターはブローカーの家に忍び込み潜入捜査官の証拠を見つけます。
そして麻薬販売ルートの獲得の為に密売組織のボスに情報を売ります。
そのボスは逮捕される際息子が殺された恨みを晴らそうと暗殺団を送り込みます。
何となく田舎の設定のせいなのかアクションがのんびりした感じです。
ストーリーも人の動きが何となく馴染んでいないように感じました。
潜入捜査中長髪にしているスティサムが見られます。でも似合わないと思います。

ブレイブワン』(2007年、アメリカ・オーストラリア映画)見4
 ラジオのパーソナリティをしているエリカはある日婚約者と犬一匹で夜の公園を散歩している時、
3人組の暴漢に襲われます。婚約者は殺され自身も重傷を負います。
傷が回復しても精神の動揺は治まらず、不法に銃を入手します。
ドラッグストアで買い物をしているとき事件に巻き込まれ身を守るため犯人を射殺します。
その日から地下鉄、夜の町を彷徨い悪人を射殺していくようになります。
そんなエリカの行動に不審を抱く刑事が居ました。
でもエリカによる事件のインタビューで刑事が法律で裁けない奴も居ると言う話をします。
それに呼応するかのように法律で手が出せない大物がその手にかかります。
最終的に3人組への復讐をしないと呪縛は解けないようです。
それと電車の二人組は殺されるほどのことをしたのか疑問に思いました。

タイトロープ』(1984年、アメリカ映画)見2
 ニューオリンズ市警殺人課の刑事ブロックは妻と離婚し幼い娘二人と暮らしています。
ある日娼婦がリボンで首を絞められ殺されていました。
リボンで絞められていたのは二件目でその他の状況から連続殺人事件として捜査を始めます。
すぐにジャグジーで女が殺されます。その女はブロック刑事が前日抱いた女でした。
ネクタイはそのとき取られ所在不明です。
その後ブロックが関わる男や女たちが次々と殺されていきます。
ブロックに恨みを持っている犯人が居るようです。
この頃はやった不思議な印象の映画です。

麦秋 デジタル修復版』(1951年、日本映画、124分)見2
北鎌倉に住む大家族の娘紀子が嫁いでいくまでの映画です。
親夫婦、兄夫婦、その子供2人、と紀子の大家族。
紀子は仕事をしていますが何となく行き遅れていて28歳。
色々縁談はあるものの目に見えて進んでは居ません。
そんなある日戦争で死んだ兄省二の親友だった矢部と突然結婚すると言い出します。
その話を母から聞いた当の矢部は腑に落ちない顔でした。
平穏な中の小さなミステリーと言った映画です。

奴隷区 僕と23人の奴隷』(2014年、日本映画、100分)見1
とても最後までは見られないと思いながら何とか見ました。
映画化しようとするほどなのだから原作マンガは相当面白いのでしょう。
でも私には最後まで見るのが辛かった映画になりました。
まあ主役の男女のファンなら見ることが出来るのでしょう。
SCMというマウスピースをつけた二人がゲームをして、勝った方が主人、負けると奴隷になる
と言うすごく判りやすいゲームを東京都内で24人がそれそれが繰り広げると言う話で、
最後の王になるのは?もちろんひねりはありますがゲームがお粗末で残念です。
途中嫌な場面もあるし何で見ちゃったのだろう。

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』(1998年、アメリカ映画)見3
実在の医師、パッチ・アダムスの伝記映画です。
精神病院に自分で入院したアダムスは患者を治すのは笑いだと気づきます。
そして新しい病院を作るため医学校に入学します。
親友や女生徒と仲良くなりますが、やることなすこと型破りで学部長の目の仇です。
でもアダムスには信念がありそれを貫き通して行きます。
この医者は今も医療に従事されているようです。

A.I.』(2001年、アメリカ映画)見4
死にかけている実の息子の代わりにアンドロイドとして家に来たディビットは
母親に息子の設定をされます。ディビッドは母を生涯愛し、母の愛情を受けるため全力を尽くすプログラムです。
ところが実の息子が息を吹き返し家に帰ります。
弟として日々を過ごしますが母への愛はそのままですが自分が母の愛を受けなくてはならないのに兄がいます。
いろんな問題が起きて母により山のゴミ捨て場に捨てられます。
それからは他のロボット、アンドロイドたちにもまれ生きていきます。
そして母の居場所を知っているはずのブルーフェアリーを捜しに旅立ちます。
愛するだけのロボットならこのような冒険をせずとも済むはず。
愛を受けることを求めなくてはいけないからこそ美しく辛い映画になります。
忠実なる友テディはいつも一緒です。

大統領の陰謀』(1976年、アメリカ映画)見4
1972年6月17日ワシントンDCのウォーターゲートビルで働く警備員は、
ある部屋に不審な者がいるとしてワシントン市警に通報します。
そして民主党ビルに侵入していた5人の男たちが逮捕されます。
ワシントンポスト紙の記者ボブはその法廷の取材を命じられレポートを書きます。
ニュースでは窃盗目的だったはずが所持品に無線機やビデオカメラなどが見つかります。
更に所持金も多く裏があることを直感します。
この後カールと二人で組んで追求して行きます。
二選目の現役大統領ニクソンを退任に追い込んだ取材の一部始終が描かれます。
当時話題となったディープスロート(大統領側の情報提供者)なども重要な役割です。

マーキュリー・ライジング』(1998年、アメリカ映画)見4
FBIのジェフリー捜査官は潜入捜査のベテランですが銀行の立てこもり事件で失敗したため閑職に回されます。
ある日所轄警察から連絡があり夫婦の無理心中と言われている現場に入ります。
そして隠れていた自閉症の子供サイモンを見つけ入院させます。
しかし無理心中としては不自然な点が多く殺人と断定し、入院させた子供を急ぎ保護しに行きます。
暗殺者との銃撃戦が起こりますが何とか脱出します。
そして襲われたその原因が徐々にわかってきます。
NSA(国家安全保障局)が新しい暗号マーキュリーを開発しました。
誰にも解けないという自信作で、最終確認のためクイズ雑誌に載せたところ、
サイモンがあっさり解いてしまいクイズに隠された電話番号に掛けます。
それ以来担当部署は大騒ぎになります。
そして開発責任者の大佐は大きな予算を掛けた国家プロジェクトが反古になってしまうのを嫌い、
サイモンを始末しようと行動を起こしたのでした。
映画には良くある設定ですが実際にいたら怖いですね。

母なる証明』(2009年、韓国映画)見3
知的障害の息子トジュンを持つ母親ヘジャ。
その心配をよそに悪友ジンテに良いように使われています。
ある日誰とでも寝ると評判の女子高生アジョンが殺されます。
すぐに地元警察はトジョンを重要参考人として逮捕します。
母は弁護士、警察に息子の無実を訴えますが聞き入れてもらえません。
自分が動くほかないとしてとんでもない調査をして真実を求めて行きます。
前半は何か面白くない流れですが後半は俄然面白くなります。
でもちょっとこういう映画は辛いと思いました。
知的障害は本来罪に問えないと思うのですが、
日本の場合でも服役者の何割かは知的障害があるとの報告があります。
彼らは自分自身を守る言葉を持たないため法律家等の良いようにされているという事はあるようです。
ネット情報では欧米の比率で計算すると日本には240万~360万人いる計算になるそうです。
彼らの居場所はどこにあるのでしょうか?そんなことを考えさせられました。

いつものように「また見たい度」(あくまでも個人の感想です)
見5(何度でも見たくなる)、見4(きっとまた見たくなる)
見3(一度で十分と思うが、暇があれば見るかもしれない)
見2(見なくてよかったかも)、見1(見たことが損失かも)

明日の天気は晴れのち一時雨となっています。午後に出かけるときは傘が必要なようです。

今日は北郷緑道まで

行きは良い天気
帰りは曇り、冷たい風もありましたが雨には当たらずに済みました。

ヒヤシンス、あちこちの庭で咲いてます。
ヒヤシンス 本通17丁目北
この続きはこちら→

続きを読む

北都公園

ぽつりぽつりと雨が
風もありますが何より雨が気になる天気で、時折ポツポツ来ました。

ツツジが一気に咲き出しました。
ツツジ 本通16丁目北
この続きはこちら→

続きを読む

今日は厚別川

昨日の雨も上がり良い天気です
風がありぽかぽかにはならない気温です。排雪場は順調に減っているようです。

白石東地区センター、予約していた本が入荷しました。
白石東地区センター
この続きはこちら→

続きを読む

月寒川を36号線まで

何とか天気は持ちました
風が強めなので暑くはない天気でした。体感温度は10度くらい?

72系統南郷線札幌駅行きです。500mほどで12号線に曲がります。
72系統南郷線札幌駅前行き

続きを読む

ぼちぼち上野幌まで

晴れましたが風が少し冷たい
ぼちぼち花と鳥にあたるだろうと予想して出かけました。

だいいち公園はまだ雪が残ってます。左手の鉄棒の辺り。
だいいち公園
この続きはこちら→

続きを読む

北都公園まで

天気晴れ
気温はまだまだ、風も少しあり散歩には後一歩の天気です。

あちこちでツツジが少しずつ咲き始めました。日当たり良いところはもっと前から咲いています。
ツツジ 本通16丁目北
この続きはこちら→

続きを読む

83「最近見た映画」4月10日~17日

予報通りの雨
気温も5度くらいと寒めです。風はあまりないので良しとしましょう。今日は映画の話を書きます。

容疑者Xの献身』(2008年、日本映画、128分)見4
靖子は娘の美里と二人アパートで暮らしています。
そこにある日二度目に別れた夫が金をたかりに来ます。
帰りしなに娘にまで手を出すような発言をしたため大げんかになり殺してしまいます。
茫然としている母娘に隣に住む石神が救いの手をさしのべます。
石神の協力により2重3重のトリックが仕掛けられ、
第一の容疑者であるにもかかわらず逮捕されずに済みます。
その頃捜査が行き詰まった草薙刑事は物理学者の湯川に相談を持ちかけます。
湯川は大学の同期だった石神の存在を知り事件の背景に興味を持ちます。
原作は東野圭吾さんの直木賞を取った同名の小説です。
湯川が持ち込んだリーマン予想の論文に5時間足らずで間違いがあると言った石神はやはり天才だと思いました。

ワイアット・アープ』(1994年、アメリカ映画、191分)見3
西部劇ファンならずとも一度は聞いたことのある有名な保安官の名前です。
西部劇でOK牧場の決闘と相棒のドグ・ホリディは何作も映画で見ています。
この映画はワイアット・アープの生い立ちとその後の人生を追った伝記映画のようです。
これを見ると一攫千金を狙って銀鉱山・金鉱山に関わったり連れあいを亡くして荒れた人生を送ったり、
あるがままの人生が赤裸々に描かれています。
知り合った人たちとは兄弟のように親交を深めるか仇のように戦うか極端です。
ダッジシティ、トゥームストーンなど西部の町で名を馳せます。
西部劇ファンなら一度は見てみたい映画です。
話は実話寄りなので若干盛り上がりに欠ける感じがしました。
最後は夢を追って若い妻と船でアラスカに旅立つところで終わっています。

ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』(2001年、アメリカ映画、130分)見3
前作「ハムナプトラ 失われた砂漠の都』の続編になります。設定は前作の9年後です。
前作の冒険家リックとエヴリンは結婚していて子供アレックスがいます。
エヴリンの兄も健在で相変わらず頼りになりません。
遺跡で見つけた腕輪が作動すると一週間で世界は滅びる。そのとおり息子の腕で動き出します。
古代エジプトの大神官イムノホテップは前作で滅びたはずなのにまた復活します。

砂漠の流れ者』(1970年、アメリカ映画、122分)見3
砂金掘りのケーブルは仲間のボウエンとタガードに騙され砂漠に置いてきぼりになります。
水無しで砂漠を彷徨いもう動けないと言うとき水源を発見します。
その水源は誰も知らない水源で駅馬車の駅逓を作り駅に住み水商売と食堂を始めます。
立ち上げに関しては隣の駅逓にいたインチキ牧師に、娼婦ヒルディと仲良くなります。
そしてある日ボウエンとタガードが現れます。
ちょっと変わった不思議な西部劇です。

バッド・ガールズ』(1994年、アメリカ映画、99分)見3
娼館の女経営者のコーディは娼婦が嫌がる事をする客の大佐を撃ち殺します。
怪しい裁判で縛り首を宣告され、刑を執行されようとするとき娼婦3人組に救われ一緒に逃亡します。
とりあえず娼婦のアニータの亡くなった旦那名義の製材所へ行こうと言うことになります。
しかしその町で権利書を確認すると旦那が亡くなると相続の権利が喪失することが解ります。
コーディは貯めていた貯金を解約して現金を手に入れようと銀行に行きます。
その銀行でコーディの前の愛人のキッドが仲間と銀行強盗に入ったところにでっくわします。
当時女性たちが徒党を組んだとしても生きていくのは厳しい世界のようです。

ブルース・ブラザース2000』(1998年、アメリカ映画、123分)見3
前作『ブルース・ブラザース』の続編です。あれから18年後の話です。
今度はエルウッドが出所するところから始まります。
でも兄ジェイクは亡くなっているので迎えに来ません。
小父貴も亡くなっていて、でもしばらく立っていると迎えが来ます。
今回も孤児院を訪ねマザーに会いに行きます。
そこにいたバスターという少年と意気投合します。
更に酒場でマイティ・マックの才能に気づきブルース・ブラザースを結成する決心をします。
今度はバンドコンテストに参加する為メンバー集めを開始します。
二回目はいらなかったと言うのが感想です。見ればそれなりに楽しめますが。

プリティ・リ―グ』(1992年、アメリカ映画)見3
オレゴン州の牧場に住む姉妹のソフトボールプレイヤーにスカウトが現れます。
時は1943年、プロ野球選手が次々と戦争に出征し大リーグ維持が難しくなってきました。
女子野球リーグを創設しようと言うことになって有望選手をスカウトしていると言うことです。
目的は技術もさることながらあくまでLadyである事と見せるプレーであることです。
主人公はドッティ強打者です、妹のピッチャー、やる気のない監督等が出てきます。

めぐり逢えたら』(1993年、アメリカ映画)見2
ラジオで妻の思い出を話しする男にそれを聴いた女が涙を流す。
婚約者がいて間もなく結婚しようとするのに。
それだけならまだしもその見も知らずの男に引かれていき・・・。
涙ものなのかも知れないのですが、私には最初から感情移入しずらくて困りました。

ナイロビの蜂』(2005年、イギリス映画)見3
原作はスパイ物が得意なジョン・ル・カレの同名小説です。
ケニアのナイロビに駐在しているイギリス一等書記官ジャスティンの妻テッサが
黒人医師のアーノルドと地方を調査中殺害されてしまいます。
ゲリラの仕業だとして報告を受けますがジャスティンは納得しません。
手がかりを求めて探し回りますが圧力がかかってきます。
小説でありながらほぼ実話とされる映画です。
不安定な緊張感のあるカメラワーク。そして亡くなった妻へ命を賭けた愛。
UNの飛行機がタクシーのような使われ方をしているのに驚きました。

バイオハザ―ドII アポカリプス』(2004年、アメリカ映画)見4
前作『バイオハザード』の続編、アンブレラ社の地下機密研究所での細菌汚染その後です。
地上にあるラクーンシティでは事件を知らずいつもの暮らしをしています。
アンブレラ社が調査のため派遣された調査隊が地下研究所に潜入しようとすると、
汚染された者たちに襲われあっさり地上に汚染がまき散らされます。
アンブレラ社はすぐに市警備と協力し町を封鎖する手段に出ます。
そして封鎖後最終手段に出ます。
前作と繋がる人物や化け物などが出てきます。
アリスとジルはキャラがかぶっているような気がします。これからどうなるのでしょう?

いつものように「また見たい度」(あくまでも個人の感想です)
見5(何度でも見たくなる)、見4(きっとまた見たくなる)
見3(一度で十分と思うが、暇があれば見るかもしれない)
見2(見なくてよかったかも)、見1(見たことが損失かも)

明日は曇りのち晴れの予報です。気温もあまり上がらないようです。

今日は足慣らし

晴れで風が少し
気温も10度くらいだろうと思います。今日は昨日負傷(自称肉離れ)した足慣らしです。
痛みも治まってきたので出来るだけ短距離での散歩をしてみました。

クロッカスがあちこちで咲いてます。春一番の庭花で長持ちします。
クロッカス 本通17丁目北
この続きはこちら→

続きを読む

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。