FC2ブログ

快晴、気温が上がりました

予報通りに暑くなりました
風が割合良く吹いていたので助かりました。そんな中北郷大仏まで行きました。

巻が多いバラの花は気品があります。
バラの花 本通17丁目北
この続きはこちら→

続きを読む

なかなか晴れない

結局晴れずじまいで帰りました
それどころか傘を持った方が良かったと途中何度も思いました。

ナナホシテントウです。何度も見ているのですがようやく解る写真が撮れました。
ナナホシテントウ 本通17丁目北
この続きはこちら→

続きを読む

ほとんどは札幌農業専門学校

何とか晴れました
朝からすっきりとは行かず渋々といった感じの晴れでした。風はあまりなく気温も20度いったかなと言うくらいです。

今日はれんが道から、この道は花が途切れることはありません。
れんが道
この続きはこちら→

続きを読む

月寒川の生き物

少しずつ晴れてきました
気温は上着を着ていれば暖かいと言った程度。風は少し気になるくらいでした。

フウロソウに似た花が咲いていました。本通北。
ピンクの花 本通17丁目北
この続きはこちら→

続きを読む

今日は床屋さん

ちっとも晴れませんでした
気温は低いままだし、でも風が思ったより弱かったので良しとします。床屋さんにたどり着くまでの寄り道です。

エゾノシモツケソウがきれいです。満開になる前が見頃だと思います。
エゾノシモツケソウ 本通17丁目北
この続きはこちら→

続きを読む

住まいの歌

予報通り雨の一日でした
夕方になりようやく止んだ感じになりましたがまだ空は暗いです。
さて今日6月25日は住宅の日だそうです。
理由はスペインの建築家アントニオ・ガウディが生まれた日だからなのだそうです。
1852年(嘉永5年)の事だそうです。建築家と住宅ってこの場合は遠い感じがしますが。

予想されるとおりあまり多くはありません。住まいに関する歌です。

ウサギの住む街 加藤いづみ『テグジュペリ』
風の住む星 西脇唯『さよならの場所で会いましょう』
君の住む町で 北川大介
住所録 さだまさし
スーパーマーケットのある街に住みたい 石井聖子『Angelophany』

瞳の住人 L’Arc~en~Ciel
フィーヨルディー(北の港に住む妖精) 奥井亜紀『ウィンド・クライミング』
もしも私が空に住んでいたら 岩佐美咲
Rakuen〈楽園の住人〉 麻倉未稀『MY SONGS』

「住」は9曲ありました。引き続き「宅」と入る曲です。

君は自転車 私は電車で帰宅 ℃-ute
転宅 さだまさし『帰去来』
母ごころ宅配便 島津亜矢

こちらは3曲ありました。今日はここまでで失礼します。

明日は晴れの予報が出ていますが、気温低めで風も強いようです。

天気回復はいまいち

曇りの予報だったのですが
歩き出すと雨がポツポツ、帰ってくるまで止みませんでした。

れんが道はいろんな花が咲いてます。キク科の花のようです。
れんが道の花
この続きはこちら→

続きを読む

月寒川の虫

雨は止みましたが
晴れ間がほとんどない散歩となりました。まあ雨がなければ良しとしましょう。気温も低めです。

72系統南郷線JR札幌駅行きです。北海道看護協会前バス停です。
北海道看護教会前バス停
この続きはこちら→

続きを読む

88「最近見た映画」5月27日~6月6日

散歩の時間は雨
久しぶりに映画の話を書きます。6月1日に書いて以来です。

ダブルチ―ム』(1997年、アメリカ映画)見3
妻と南仏で引退生活を送る元CIAの腕利き秘密工作員クイン。
彼は宿敵であるテロリスト、スタヴロスの逮捕に協力するためやむを得ずCIAに復帰するが、
その現場でのクインの判断ミスで取り逃がします。
そしてクインは脱出不可能と言われる絶海の孤島に幽閉されます。
その島は世界各国の有能な工作員たちが秘密裏にテロリストの情報分析を行うためのシンクタンクでした。
島に住んでいる元スパイたちは世界では死亡したことになっています。
そんなとき外部からの情報で出産直前の妻がスタブロフの人質になったことを知った彼は島を脱出します。
武器スペシャリストのヤズを仲間にして妻を救出するためローマへ向かいます。
この映画シンクタンクが何故必要だったのかが一番の謎でした。

ブロ―ン・アウェイ/復讐の序曲』(1994年、アメリカ映画)見3
刑務所にいる囚人ギャリティの脱獄から始まります。
ボストン警察のジミーは元IRAの工作員で爆発物の処理はお手の物です。
IRAでの同僚だったギャリティとはやり方に意見の相違があり組織を抜けてアメリカに来ました。
ギャリティはそのジミーに復讐する目的でアメリカに来ました。
ジミーへの復讐のため爆発物処理班のメンバーを狙った爆破を次々と行っていきます。
この映画何時どこで何が爆発するかわからずどきどきする映画でした。
アントニー警部補と小父のロイドも良い仕事をしています。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(2014年、アメリカ映画、115分)見4
シェフのカールは保守的なオーナーと意見が食い違います。
雇われのシェフの為やむを得ず創作料理を定番料理に変えて出したら料理評論家ラムジーに酷評されます。
息子にツイッターを教えて貰いフォロワーも増えてきたところで、
ツイッターに新作料理で勝負だとラムジーに挑戦状をたたきつけます。
がしかしここでもオーナーがそれを知って自宅待機を命じ助手にチーフを任せます。
一旦退いたものの店に戻ったカールはラムジーに喧嘩を吹きかけます、
がその様子がツイッターで拡散してしまいレストランを解雇されます。
もちろん話題になったシェフを雇おうという奇特なオーナーはいません。
シェフの父を好きな子供と元妻は再出発のためにフロリダ旅行に誘います。
じっとしていられないカールは屋台のトラックを手に入れ感動したキューバ料理を売ろうとします。
メンバーは息子と前のレストランの友人が集まりました。
この映画、暖かい人間関係が心地よい作品です。
また見たくなる映画だと思います。

ギャンブラー』(1971年、アメリカ映画、122分)見2
19世紀末カナダとの国境近くにあるとある鉱山町での話です。
集落に来た小心者のギャンブラー・マッケイヴ。早速賭場を開帳し稼いだ金で賭博場を建てます。
そこにミラーというやり手の女が現れて賭博場の2階を借りて売春宿を始めます。
これがヒットして経営は順調に伸びてよそからも注目されるようになってきます。
ある日マッケイヴの元にシアーズという男がやってきて賭博場酒場売春宿を買い取る交渉に来ます。
マッケイヴは相場が判らずとりあえず相手の主張より高い買い取り価格を提示したため交渉は決裂します。
そして相手方は実力で奪い取ろうと仕掛けてきます。

続・激突!カージャック』(1974年、アメリカ映画、110分)見2
タイトルがひどいと評判の映画だそうです。実際にあった事件の映画化です。
この映画は何かの続編映画ではありません。
事故シーンはありますが激突という表現は大げさだと思います。
夫婦で刑務所に入っていた間に子供が里子に出されます。
妻のルーは先に出所して状況が判り、子供を連れ返すため夫に今すぐ脱走しろと連れ出しに来ます。
成り行きで二人はパトカーをジャックして乗っていた警官を人質にしてシュガーランドへ向かいます。
実話だとしても行き当たりばったりの行動をするのはなじめません。

暴走機関車』(1985年、アメリカ映画)見3
刑務所からの脱走を繰り返す囚人マニーと刑務所長のランケンは不倶戴天の敵でした。
懲罰房から戻ったばかりのマニーに所長の陰謀で同じ囚人の男から刺されます。
頭に来たマニーは早速脱走します。脱走には若いバックと言う男がついてきます。
回送の機関車のみの4重連に忍び込みますが機関手が心臓麻痺で動力回送に入れたまま機関車から落下します。
そのまま力行する機関車をいかにして止めるかと言うサスペンスですが、
マニーと所長の異常な人間関係がこじれすぎていてどうかと思います。
その他の要素は置いて行かれる感じです。
ただ列車の走行シーンが長いのは満足しました。

『東京ゾンビ』(2005年、日本映画)見1
原作は花くまゆうさくさんの漫画作品だそうです。
寂れた消化器工場に勤めるハゲのミツオとアフロのフジオは休み時間は柔道に励んでいます。
そこに本社から来た男が言いがかりを付け無抵抗のミツオを殴ります。
すぐに頭に血が上るフジオは消化器で殴り殺してしまいます。
しょうがないので会社の車で廃棄物の山になっている東京にある黒富士に捨てることにします。
その頃黒富士は廃棄物の化学反応で埋められた死体がゾンビとして生き返り始めていました。
程なく工場もゾンビたちが襲ってくるようになり脱出します。
ゾンビのいないロシアを目指しますが何故か伊豆方面に向かっています。
どうストーリーが展開するのか判らないのである意味緊張感があり最後まで見てしまいました。

マイノリティ・リポ―ト』(2002年、アメリカ映画)見3
プリコグと呼ばれる予知能力者たちによる殺人予知システムにより殺人事件が無くなったワシントン。
このシステムを全国に広げるためバージェス局長が力を入れています。
しかし今でも予知による殺人予定者の逮捕と殺害予定者の保護の仕事はなくなりません。
刑事のジョンは息子が誘拐殺害されたのをきっかけに予防の仕事にその身を献げています。
ある日被害者がクローと予告され殺害者はジョンとはじき出されます。
身に覚えのないジョンは手配をすり抜け逃亡します。
それは3人の予知能力者の合意で犯人と被害者が決められるため少数意見(マイノリティリポート)
が消されるシステムの穴を突いた陰謀が隠されていました。

左きゝの拳銃』(1958年、アメリカ映画、102分)見3
文盲で純情、21歳で死んだビリー・ザ・キッドの映画化作品です。
流れ者でチンピラなのに牛追いのタンストールに雇われます。
親切で誰にでも優しい親方に聖書の教えなどを聞いて感銘を受けます。
途中の町リンカーンにタンストールは牛売りの交渉に単身丸腰で行きますが、
町外れで保安官を含めた4人組に待ち伏せされて殺されます。
事情を知ったビリーは4人に復讐を誓います。
早速仕事仲間2人と三人で二人を射殺し逃亡、田舎町に隠れて仲間と共にほとぼりが冷めるのを待ちます。
その内知事による恩赦が出て方面となりますがすぐに三人目を射殺します。
またしてもお尋ね者になったビリーは同じ田舎町に隠れます。
そしてパット・ギャレットに警告されたにもかかわらず最後の一人を射殺し
パットにも追われることになります。
早撃ちの腕が立ったが為に早死にした男の伝説です。

踊る大捜査線THE MOVIE 2』(2003年)見4
SATの人質救出訓練で犯人役の湾岸署チームが勝ってしまったところから始まります。
いろんな事件が起こるが事件に大小なんて無いと青島が叫びます。
でもメインの事件は緊縛された死体が発見される事です。
合同捜査本部が立ち。沖田管理官がトップ。室井管理官がサイドに付く体制です。
捜査は警視庁、所轄は警備と下働き職務質問と割り振りがされます。
今に繋がる話だと思ったのは街角の監視カメラがメインに出てくることと、
派遣社員・リストラなどの雇用状態が話題になってくる所など。

いつものように「また見たい度」(あくまでも個人の感想です)
見5(何度でも見たくなる)、見4(きっとまた見たくなる)
見3(一度で十分と思うが、暇があれば見るかもしれない)
見2(見なくてよかったかも)、見1(見たことが損失かも)

明日は天気回復するようです。気温と風は過ごしやすくなりそうです。

散歩中の小さな変化

薄雲がかかっていて
歩き出しは風もあり上着着てちょうどいい感じでした。後半は上着なしでも。

久しぶりのだいいち公園、植栽が伸び放題でぼうぼうだったのですが、綺麗に刈り込まれていました。
小さな子供だと死角が出来て危ないなあと感じてました。
だいいち公園
この続きはこちら→

続きを読む

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。