FC2ブログ

オーケストラ!

あまりに辛い想い出は
コメディにするか音楽にするしかないのでしょうか。
2009年のフランス映画です。

まず題名に突っ込みを入れたいのですがまあそれは流します。
オーケストラとソリストとの演奏を通じた過去の告白と受容のお話です。

ボリショイの天才指揮者と言われたアンドレイ・フィリポフは、
ブレジネフ時代に指揮者を追放され今は掃除人として生計を立てています。
ある日 劇場支配人の部屋の掃除をしていた時、
ボリショイ交響楽団にパリの劇場で講演してほしいという依頼を見つけます。
これにアンドレイは鋭く反応し、元チェリストで救急車の運転手のサーシャと楽団員を集めていきます。
追放された劇団員は色んな職業についていましたが、ほとんど二つ返事で参加することになりました。
演目はこだわりのあるチャイコフスキーのバイオリン協奏曲とし、
必要なソリストにアンヌ・マリー・ジャケを指名します。

どう考えてもあり得ない設定と展開で突っ込み所だらけですが、
最初っからコメディ部分と開き直っているストーリーには勝てません。
設定の背景はすごく重いことが解るので、シリアスに表現されるととてつもなく暗い映画になりそうです。
だから明るく途中あちこち笑えるストーリーがちりばめられています。
たとえば先にバス会社に金を払うと空港まで歩く羽目になるとか、空港でパスポートを偽造する場面に大笑いしました。

そんなこんなでパリまで来ますが、楽団員は合同練習すら参加しないと言うていたらく、
何をしているのかと思えばキャビアの販売、引っ越しの手伝いなど外貨獲得に奔走してます。

そんな楽団員もレアのためにと言うメールでコンサート会場に結集します。
しかし音合わせすらしていない交響楽団は始まりの音はよれよれです。
しかしアンヌ・マリーの問いかけのソロが入ってくると立ち直りようやく協奏曲になっていきます。
この協奏曲はアンドレイから亡き父母の運命を知ることになると言われたアンヌ・マリーの問いかけでもあり、
楽団員及び指揮者からの回答でもあります。そして素晴らしい未来を暗示させるものです。

映画は全体に沈んだ色合いでクラシックらしい落ち着いた感じです。
最後の12分間が協奏曲演奏シーンですが、この中で語られるものは想像がついたとしても
その分コメディからシリアスに振れるとギャップが大きく感動を大きくするようです。
私は途中の有名なメロディの場面から爆発するような感動が沸いてきました。
少しはオーケストラと通じ合えたのかも。

フランス映画らしくない映画ですが私にはとても後味の良い映画になりました。
きっと監督は背景にあるものを経験し辛い出来事を表現する方法を考え出したのでしょう。
あまりに苦しいと笑ってしまう事がありますよね。見る人間が未熟で申し訳ないのです。
それにしてもアンヌ・マリーさんはえらい美人です。これだけで私の中では半分は成功です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Benri-Navi
CalendArchive
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
Category Bar Graph
リンク
札幌白石区の出来るだけ徒歩ブログ
おまケロのブログに来て下さいまして  ありがとうございます。
プロフィール

おまケロ

Author:おまケロ
札幌市白石区の住人。
役に立たない地域限定徒歩圏内
情報と、たまに遠くへお出かけ。
読書と新旧の音楽などの話を
落ちもなくだらだらと・・・の予定。

しかし誤字脱字 意味不明言葉の
洪水で、修正のモグラたたき状態。
どうか広い心で見て下さいね。